登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 知覚過敏の治す方法

知覚過敏の治す方法

知覚過敏になってしまったらどのよに治療、治していくのでしょうか?またどれほどの治療期間で治るものなのでしょうか?ただ知覚過敏がどれほどで治るのか?は、知覚過敏の原因、症状の程度、個人差などがありますので一概には分かりませんし、治療方法も歯科医によって異なる場合がありますのでどのような(歯科機器)治療が行われるかも分かりませんが、基本的には知覚過敏となっている原因を取り除く治療、具体的には知覚過敏と診断された場合、以下のような治療法が行われます。 

知覚過敏かな?と思ったら、1日も早く歯科医に行って診察を受ける事が大切ですが、忙しい人にとってはなかなか歯医者さんに行く事もできないかもしれません。冷たいものを口にしたときに歯がシミる、これは知覚過敏の代表的な状態です。その原因について一般的にあまり知られていません。実は、身近な生活の中にもその原因が潜んでいるのです。

例えばストレスの多い現代の生活。気がつくと歯を強く噛みしめているときはありませんか?かみ合わせや歯ぎしり等で歯の一部に負荷がかかる状態が続くと、表面を覆っているエナメル質に細かいヒビが入ることがあります。また、間違ったブラッシングでもエナメル質がはがれてしまいます。

歯の表面を覆って象牙質を守っているこのエナメル質が誤ったブラッシング等によってはがれてしまうと、象牙質が露出してしまいます。そのほか、プラーク(細菌のかたまり)が原因で起こるムシ歯や歯周病等により歯グキが下がったり、また最近では過度のホワイトニングが引き金となったりして象牙質が露出するケースも出てきています。

知覚過敏の治療法にはどんなものがあるでしょうか?一つには,刺激を遮断する目的で薬を使ったり詰め物,カバーなどをしたりします。これはある意味で対症療法的な治療ですので,その後のケアや対策を十分に行なわないと再発する可能性が高くなります。また,レーザー照射での治療方法もあります。こうした方法でも良くならない場合には,最終手段として神経を抜く手術が行なわれます。ですが,神経を抜くことにはデメリットも多いですので,ほとんどの場合,それより軽い治療法で治していくのが一般的です。 

歯根の表面に開いた象牙細管の穴をふさいで、刺激が伝わりにくくなる成分が含まれている歯磨き剤(歯科材料)を使いながら、歯ブラシでそっと磨くようにすると、1〜2週間で症状が改善することがあります。なお、効果はゆっくりとですが、フッ素を利用して歯根の石灰化を促進して症状の軽減を期待することもあります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp