登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 知覚過敏ってなに

知覚過敏ってなに

むし歯などのはっきりとした病気や変化がなくても、歯が痛いということがあります。特に、冷たい水がしみる、甘いお菓子を食べたら歯がジーンと痛む、風が当たるとしみる、歯ブラシで磨いたらビリッときた、というようなことがあります。その歯を見ても、穴が開いているわけでもない、黒くなってもいないし、普段はなんともない。それが、いわゆる知覚過敏という状態です。 

知覚過敏は、歯の根元付近が露出しているような歯にみられることが多いですが、歯の根元付近や根っこが露出しているからといって、その歯が全て知覚過敏の状態になるわけではありません。数日の間、水にしみやすかった歯が、気づいたらしみなくなっていたということもあり、知覚過敏がどうしておきるのか、はっきりとした原因は明らかではありません。歯の神経が何らかの原因で痛みを感じやすくなっている、というのが知覚過敏です。口腔内カメラでよく検査しましょう。 

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。また、知覚過敏の場合は高頻度で「楔状欠損」が見られることも特徴の一つです。
何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。 

「たかが知覚過敏」、そう思うかもしれませんが、虫歯、歯周病が原因で知覚過敏になっていたり、知覚過敏を放置していると最悪、歯の神経を取らなければならなくなる可能性もありますので注意が必要です。
そこで当サイトでは、知覚過敏の症状、原因、予防対策法、治療法などを出来るだけ分かりやすく、具体的に説明していますので、知覚過敏かな?と思ったら、まずは当サイトの情報を参考にしていただければと思います。歯科x線で清潔を守ることは大事です。
また、プラーク(細菌のかたまり)が原因で起こる虫歯や歯周病等により歯ぐきの位置が下がったり、また最近では過度のホワイトニングにより知覚過敏の症状がでるケースも出てきています。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp