登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口内炎とその原因

口内炎とその原因

単純疱疹「ねつのはな」は正式には口唇疱疹といい再発を繰り返します。発生の原因は風邪やストレスなどからのヘルペスウイルスによるものです。 治療する場合 抗ウイルス剤が用いられます。処方箋が必要なお薬で 市販薬はありません。市販の皮膚用の塗り薬などを使うと、症状が悪化する事もありますので、症状が軽度にうちに、皮膚科などで対処される事をお勧めします。
口内炎とは 口や唇、舌に口内炎が繰り返してできる事も多く、一度にいくつもできると 一つだけでも困るのに食事するの話をするのも痛くて実にやっかいなたまらなくつらいものです。このような繰り返しできる口内炎に悩んでいる人は多いにもかかわらず、原因についてあまり多く語られる事はありません。
口内炎の多くは ふだんは健康に生活している人にできるものです。例外として  ベーチェット病や免疫不全など 内科の病気に関係して起こる口内炎もあります 口内炎は舌や歯茎など、口の中の粘膜にできる「できもの」をさし、中には唇や喉にできることもあります。普通は1〜2個できて1週間〜2週間で完治します。なかなか治らない、もしくは1度にたくさんできる場合は、口内炎だけではなくほかの病気も考えられるので病院で受診することをお勧めします。 
そのため、食事中に、硬いものなどを食べて口の中を傷つけたり、うっかり頬の内側や舌を噛んでしまったりすることが、口内炎の原因となってしまうこともあるのです。超音波スケーラーは必要です。
歯を磨くときも、力を入れすぎると歯茎を傷つけてしまい、その傷口から雑菌が入り込み、口内炎になることもあります。また、金属アレルギーのある人が、歯の治療に用いる金属で口内炎を発症することもあります。そのほか、病気の症状のひとつとして口内炎を発症する場合や、病気の治療の副作用や、服用している薬の副作用で口内炎になることもあります。
このように、口内炎の原因はいろいろありますが、うがいや歯みがきなどで口の中を清潔に保ち、よけいな雑菌を繁殖させないように心がけることで、口内炎を発症する原因のひとつを確実に減らすことができます。 
口内炎の完治を早めるために、市販の塗り薬を利用するのもひとつの方法です。口内炎の治療には、ステロイドや消炎剤(歯科材料)が含まれている軟膏タイプの塗り薬がよく使用されています。患部が限定されている場合は、パッチタイプの薬も効果的です。一般的に、口内炎は1〜2週間程度で自然完治しますが、症状が長引く場合は、他の病気の可能性がありますので、医師に相談してください。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp