登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 舌から発生する口臭

舌から発生する口臭

舌はその人の健康状態を教えてくれる場所。東洋医学では「舌診(ぜっしん)」といわれる検査法を用いて、まず最初に舌を検査する先生もいますね。舌の色や、形、汚れ具合などを診察すれば、ある程度その人の健康状態を把握できます。お口内の症状で結構多いのが、舌苔(ぜったい)といわれる部分(舌の奥)が白く苔状になっていて、何かプツプツといいますが汚れている状態。超音波スケーラーは必要です。

この白い舌苔は、体調が悪いとき、アルコールの飲みすぎ、病気やストレスなどがトリガーとなって、唾液の分泌が減少して症状として現れ、口臭を発生させます。病的口臭の一つですまずは、自分の舌を鏡などでチェックしてみて舌が白くないか?黄色くないか?何か汚れていないか?確認してみましょう。何か異常があったら、適切な舌苔対策が必要になってきます。

ときに、舌の表面が白や黄色になっていることが誰にでもあると思います。これは舌苔(ぜったい)といい、生理現象のひとつで、そのときの体調や口中の衛生度がわかります。
郷ひろみは、いつでも恋人と気兼ねなくキスできるように、つねに舌苔除去グッズを持ち歩いているとのこと(!)。恋愛のためでなくとも、対人関係において口臭がキツいのは考え物ですね。また、会話していて舌が汚れているのが見えると、なんとなく相手にも不快感を持たれてしまいますので、マナーとして舌はつねにクリーンにしておきたいものです。

舌苔の原因は、体調不良、胃の不調、生活習慣、飲酒、過緊張による唾液の減少などが挙げられます。舌には細かい突起があり、その隙間に歯垢(プラーク)や食べカス、細菌などが溜まって舌苔になります。

この白い 舌苔 (ぜったい)は歯の表面に付くプラーク(歯垢)と同じものです。舌にも歯垢が付きます。舌に付いた 歯垢 をを 舌苔 (ぜったい)と呼びます。この舌苔、残念なことに、悪臭を放ちます、つまり、舌苔は口臭の原因になります。口の中を清潔にせず、口の中が乾燥してしまうと、唾液が少なくなり、その結果、口内の殺菌能力が落ちてしまいます。口内の殺菌能力が落ちると舌苔が付着しやすくなってしまうのです。歯磨きをきっちりして、歯垢をできるだけ溜めないようにすることが舌苔を増やさないために大切なことです。

そして力加減も優しく、ほとんど歯ブラシの重さだけでかき出す感じが良いのでしょう.あとブラシの動きは前後するのではなく、前方だけに動かすように注意しましょう。

これは全てデリケートな舌を守るために心掛けるものですからね。正しい方法で行えるならば、舌苔の除去法は舌苔専用ブラシを使おうが、歯ブラシだろうがどちらでも違いはありません。口腔内カメラでよく検査しましょう。

舌苔は体調にもとても影響を受けるので、胃腸の調子が悪い時や、寝不足の日や、緊張状態で口内が潤っていない時にはとくに付着しやすくなります。ですので、たかが舌の汚れと思わず、口臭だけでなく体調にも関係していることを理解しておくと歯磨きのやり方もより良くなると思いますよ。舌苔の原因を知り、正しい掃除法を行うことでクリーンな口内環境を保ちたいものですね。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp