登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 舌苔で体調&口臭レベルがわかる

舌苔で体調&口臭レベルがわかる

加齢臭のひとつ、口臭。その口臭の原因のひとつが、”舌”です。 ときに、舌の表面が白や黄色になっていることが誰にでもあると思います。これは舌苔(ぜったい)といい、生理現象のひとつで、そのときの体調や口中の衛生度がわかります。

郷ひろみは、いつでも恋人と気兼ねなくキスできるように、つねに舌苔除去グッズを持ち歩いているとのこと。恋愛のためでなくとも、対人関係において口臭がキツいのは考え物ですね。また、会話していて舌が汚れているのが見えると、なんとなく相手にも不快感を持たれてしまいますので、マナーとして舌はつねにクリーンにしておきたいものです。口腔内カメラでよく検査しましょう。

舌苔の原因は、体調不良、胃の不調、生活習慣、飲酒、過緊張による唾液の減少などが挙げられます。舌には細かい突起があり、その隙間に歯垢(プラーク)や食べカス、細菌などが溜まって舌苔になります。

舌苔が付いていると口臭の大きな原因となり、また、舌苔の原因は歯につく歯垢と同じもので、食べカスや口内の細菌が固まったようなものなので衛生的にも掃除をしたほうがいいと思われます。

舌苔の掃除としては、いろいろな方法があると思いますが、ここでは歯ブラシを用いた除去法を書いてみたいと思います。歯ブラシならば歯磨きのついでにやれば良さそうですね。すでに歯ブラシでの掃除を実践している方も多いと思うのですが、この方法には注意点があります。

それはやり方がよくないと味覚に影響が出る可能性もあるということです。基本的には1日1回程度でよいようですよ。そして力加減も優しく、ほとんど歯ブラシの重さだけでかき出す感じが良いのでしょう。あとブラシの動きは前後するのではなく、前方だけに動かすように注意しましょう。これは全てデリケートな舌を守るために心掛けるものですからね。

舌苔とは、舌の表面に付いている白っぽいもののことで、これは細菌や食べカス、死んだ白血球などの集まりです。(舌苔がほとんど付いていない人もいます)この舌苔も口臭の原因となるため、歯を磨く際には舌も一緒に磨くようにすると口臭の予防に効果があります。歯科x線は大切です。
ただし、舌を磨く際には磨き過ぎないように注意してください。その理由は、いくらきれいに磨いても舌苔はまたすぐに付きますし、舌はデリケートで傷付きやすいためです。 口臭を自覚している人の場合は 仕事中でも 学校でも 歯みがきしてない事が 気になって仕方なくなると思います。このような場合は、口臭予防のうがい用液やガムなどを利用してみてはどうでしょうか?臭いが発生する可能性の高い時に、利用すると効果が高まります。
これらの種類の口臭予防を実施しても臭いがとれない場合、また 口の中を清潔にしても口臭が残る場合は、内臓の疾患の疑いがあります。まずは 疾患を治すことが必要です。医師の診断を受けましょう。身体が健康になれば、自然に口臭も改善されます。また舌は乾ききっている時、胃腸が弱っているなど体調が悪いとき、あるいは細菌の量が増殖している時などは、白や黄白色をしています。体調管理を見直すと共に、そのような状態の時は、食生活の環境も見直す必要があります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp