登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 舌のケア

舌のケア

舌の表面は通常は、ピンク色をしています。口臭予防には 舌を清潔にすることは大きく貢献します。舌のほぼ中央部分には無数の突起物があります。味覚を司る舌乳頭と呼ばれています。

そこに食べカスや 口の中の細胞が死んで付着したり、新陳代謝によって粘膜上皮の細胞が剥がれたり、それらが舌の苔(舌苔)となってしまいます。舌の表面に白っぽい、または黄色っぽい苔のようなものが付いた状態です。これが細菌で分解されて口臭の原因となってガスを発生してしまうと言う事になります。
舌が清潔か、健康かどうかは、手鏡などですぐにチェックできますので 舌苔が「口臭」という名の悪臭を放つことになる前に 除去をしたり また 予防をしていきましょう。
歯科x線は大人気です。

舌苔が蓄積しやすい理由のひとつに体質もあります。食習慣の改善により予防も可能になります.酸味のある食物を摂取するなど、かなりの口臭を、工夫の仕方によっては予防することができます。口臭の原因となる細菌で 舌苔の殆どの部分は構成されています。舌の突起物にちょうど、引っかかる様に付着しているという感じです。

舌の表面には、舌乳頭と呼ばれる目には見えない突起がたくさんあって絨毯のようになっています。その突起の凹凸に、食べカスや古い細胞などが溜まり層になります、ここで細菌が繁殖し、舌苔(ぜったい)に含まれるタンパク質を分解する時に、口臭であるVSCガス(揮発性硫黄化合物)を発生させます。口の中の唾液が少なくなると、舌苔(ぜったい)の中の細菌が活発になり、VSCガス(揮発性硫黄化合物)を発生しやすくなります。
正常な舌には、舌の回りと尖端には舌苔がなく、舌先1センチくらいから奥に行くにしたがって、薄い白い舌苔が付着しますが、一日の中でも白い舌苔の量は変化しています。舌苔が溜まっていく場合、除去することをしないと、益々蓄積してしまいます。それと共に口臭までもどんどんひどくなってしまいます。舌苔の除去方法として、清潔なタオルを準備してください。
超音波クリーナー は必要です。

そのタオルで舌苔を直接削ぎ落とす方法がいちばん効果的です。

1、人差し指にタオルを巻き付ける。

2、巻き付けたタオルで舌苔を前にかき出す感じで削ぎ落とす。 

舌苔を除去するのに最も適した時間帯は、早朝です。早朝行なう理由としては、舌苔がいちばん発生するのが朝の時間帯と言われているからです。口内の水分量が不足している時間帯で、分かりやすいからです。また、口臭が舌苔によるものかどうかの判断も正しく行う必要があります。口臭が気になっている人の多くに水分不足の状況が確認できるという報告もあるようです。考え方としては「水分量が減る=唾液量が減る」ということです。目安としては、健康な人の唾液量は1日の尿量ほぼ同じですので、尿量が減ったかなと思ったら、水分不足の可能性があります。口臭があると思う時は、ひたすら水を飲むことで口臭はかなり減ります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp