登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 赤ちゃんが虫歯になってしまう原因はまさかの

赤ちゃんが虫歯になってしまう原因はまさかの

人の口の中には、色々な細菌がいます。虫歯菌もその内の一つです。この虫歯菌は砂糖などの甘い物が大好きです。そして砂糖を原料にして、デキストランと いうネバネバした物質を作りだし、歯にくっつきます。(これを歯垢と言います )ここでお母さんやお父さん、ちょっと自分の歯の裏側を爪でこすってみて下さい。白いものが爪にくっついていませんか。それが歯垢です。

歯垢の中にいる虫 歯菌は酸を出し、歯がこの酸の攻撃に耐えられなくなると穴があき、虫歯ができ るのです。人の口の中には、色々な細菌がいます。虫歯菌もその内の一つです。この虫歯菌は砂糖などの甘い物が大好きです。そして砂糖を原料にして、デキストランと いうネバネバした物質を作りだし、歯にくっつきます。(これを歯垢と言います)ここでお母さんやお父さん、ちょっと自分の歯の裏側を爪でこすってみて下さ い。白いものが爪にくっついていませんか。(歯科材料)それが歯垢です。歯垢の中にいる虫 歯菌は酸を出し、歯がこの酸の攻撃に耐えられなくなると穴があき、虫歯ができ るのです。

よく虫歯は遺伝するといったことを耳にしますが、そんなことはありません。歯並びや歯の形、歯の質などは遺伝しますが、両親にどんなに虫歯が多くても、生まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しないのです。赤ちゃんの口では、虫歯菌はリセットされた状態になります。この時点では、誰もが平等に虫歯のない子どもになる可能性があるのです。
しかし「親から遺伝しない」虫歯菌は、正確には、人(親など)から感染する(うつる)のです。子どものために親切でしたことが、子どもの虫歯を作ってしまうかもしれません。 それでは、ミュータンス菌の母子感染を防ぐにはどうしたらいいでしょうか?まずは、お母さんの口の中のミュータンス菌を減らすようにします。そして、ミュータンス菌に感染する時期を遅らせれば、遅らせるほど感染しにくくなるといえます。ミュータンス菌を感染させず、そして感染する時期をなるべく遅らせることが子どもの虫歯を予防することになります。
歯科x線は大人気です。 

それでは、お母さんの口の中のミュータンス菌を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?実はそれは、虫歯予防の基本、原点でもあります。
1.歯磨き (できればフッ素入りの歯磨きで毎食後)
2.間食を減らす。長時間だらだらと食べない。
3.甘いものを減らす。
4.食後にキシリトールガムやポスカムガムを噛む。
5.水分摂取は水かお茶にする 。ジュースなどの清涼飲料水はなるべく避ける。
そしてこれは、ミュータンス菌に感染してしまった子供に対する対策でもあります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp