登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭は唾液が主原因

口臭は唾液が主原因

口臭に悩んでいる人のほとんどが唾液が原因だといわれています。唾液は口臭の鍵を握る重要な存在なのです。口内にはさまざまな細菌が常在しています。食べカスから発せられる細菌をはじめ、口臭の原因となる細菌も多数存在しているのです。本来、口内の衛生環境は唾液によって維持されています。唾液には殺菌作用と浄化作用が備わっており、食べかすを洗い流すと同時に細菌の繁殖を抑えることができるのです。しかし、この唾液の分泌量が少なくなってしまうと口臭の原因となってしまうことがあるのです。歯科x線は必要です。

ドライマウスという言葉が注目されるようになっています。口内が乾燥し、唾液の分泌量が減少している人が増えているのです。ドライマウスと口臭との間には密接なかかわりがあり、両方の悩みを抱えることも少なくありません。 口の中というところは、細菌が発生しやすい環境にあります。
口の中は、暖かくて水分もあって栄養も豊富だからです。詰め物などした歯が多い口の中は隠れる場所も多いです。食べかすなどが、細菌に分解されると、口臭の原因になる物質がつくられます。硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどです。いわゆる揮発性硫黄化合物です(あまり小難しいことは必要ありません)。
唾液内に含まれるタンパク質やお口内の腔粘から剥がれ落ちた上皮細胞が細菌によって還元されて、この硫化水素を生成させています。また舌苔も関係があります。ですので、歯周病原因の歯石・歯垢などずっと放置しているとこの硫化水素が増えて口臭発生の原因になるのです。また健康面にも影響を及ぼす恐れもあります。

臭いの強さはVSCのひとつであるメチルメルカプタン(歯周病患者が発する)ほどではありませんが、硫化水素が長時間発生していることは身体の健康を害って行くことを知っておいてほしいと思います。硫化水素がガンの原因になっている可能性があると警告している専門医もいますから怖いことです。 

硫化水素が発生してしまうのは、口の腔粘から剥がれ落ちた口腔粘膜上皮細胞であったり、歯磨きがちゃんとできていないとこによって残る食べかすや歯垢、あるいは唾液中のタンパク質が嫌気性菌よって代謝されたときも発生しています。超音波スケーラーで清潔を守ることは大事です。

硫化水素の発生を抑えて口臭を防ぐためには規則正しい生活で体調を整え、正しい歯みがきの仕方によって歯石や歯垢をすみずみまで取り除きます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp