登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 日常生活に支障をきたす「口内炎」の予防になる食べ物

日常生活に支障をきたす「口内炎」の予防になる食べ物

ご飯を食べるときにしみたり、話すときに痛かったり……。口内炎ができてしまって悩んだことは、誰でも一度はあると思います。口内炎は外から見える部分ではないので、地味~に痛い! そして、この地味な痛みにじわじわと苦しめられてしまいますよね?今回はそんな口内炎ができてしまう原因と、予防する方法についてお話しします。

酷くなると日常生活にも支障をきたす口内炎。では、この口内炎は何が原因でできるのでしょうか? なんと9個も原因がありました。

あなたは今、口内炎予備軍になっていないかどうか、是非チェックしてみてください。

・睡眠不足

・ビタミンなどの栄養不足

・ストレス

・ウイルスやアレルギー

・風邪をひいたり胃腸が弱っている

・疲れが溜まっている

・誤って口の中を噛んでしまった

・硬いものを食べるときに口の中に傷を作ってしまった

・歯磨き(歯科材料)を強くしすぎる

いかがでしたか? どれかひとつでも当てはまったら要注意! 生活習慣を見直し、規則正しい生活を送れるよう、少しでも工夫してみてくださいね。

口内炎の予防のポイント
1. 体調管理
疲れが溜まったり、睡眠不足、ストレスなどが重なった際に、口内炎が起こることがあります。
2. 煙草や温度刺激に注意
煙草や70℃以上の温度刺激が原因となって、口内炎になりやすい場合があります。
3. 口の中を清潔に保つ
プラークや歯石など口の中が汚れている場合などは、口内炎になりやすい場合があります。

4. 入れ歯や咬み合わせもチェック
合わない入れ歯を使っていたり、削れて鋭く尖ってしまった歯や、頬を噛みやすいなどの状態は、口内炎になりやすいと考えられます。 また、ストレスがたまっている、たまりそうだと自覚したら、なるべく気分転換をして、過度にストレスをためこまないようにしましょう。

ストレスがたまることで、不眠になる人や、暴飲暴食をしてしまう人もいます、睡眠不足は口内炎の原因のひとつでもありますし、暴飲暴食をすることで栄養バランスが崩れ、口内炎の原因となってしまうこともあるので、気をつけるようにしましょ虫歯があるため、噛み合わせが悪くなり、頬の内側や舌などを傷つけてしまうこともあり、そこから雑菌が入り、口内炎になることもあります、口の中を衛生に保つためには、虫歯のある人はきちんと治療を受けておく必要があります。 

この生活を初めて半年くらいですが、口内炎に悩まされなくなりました。週末は食生活関係なく遊びますし、仕事とかのストレスもありますが、すっきりしてます。

注意としては、リステリンは消毒が強いのでやりすぎると口の感覚が変になります。バランスの良い食事を摂ることは、口内炎予防に不可欠です。特にビタミンが不足すると、口内炎を発症しやすいと言われているので、野菜や果物をしっかり摂るように心がけましょう。口腔内カメラでよく検査しましょう。
ビタミンの中でも特に口内炎予防に必要なのはビタミンB群。ビタミンB群が多く含まれているのは、レバー、牛乳、卵、魚など。不規則な食生活で、バランスのとれた食事を摂るのが難しいという方は、サプリメントなどで補うとよいでしょうね。

ビタミンB群のサプリメントもたくさん市販されています。口内炎のための医薬品もビタミンB群が主成分です。症状が悪化した時は医薬品を利用することをオススメしますが、まずは口内炎にならないよう、日頃からビタミンB群をしっかり補給し、予防に努めるようにしましょう。そうした日々の栄養補給には値段もお手頃で手軽に摂取できるサプリメントがオススメですよ。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp