登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口内炎とその原因について

口内炎とその原因について

口内炎は舌や歯茎など、口の中の粘膜にできる「できもの」をさし、中には唇や喉にできることもあります。 普通は1〜2個できて1週間〜2週間で完治します。なかなか治らない、もしくは1度にたくさんできる場合は、口内炎だけではなくほかの病気も考えられるので病院で受診することをお勧めします。 虫歯や義歯の不具合が原因でできた口内炎なら、歯を治療することで再発は防ぐことができる。アレルギー性の場合でも、アレルギーが出る物質を特定することで再発は防げる。 まずは口内炎ができたら、病院を(口腔内カメラ)受診して口内炎の種類を診断してもらおう!そうして予防策を練るのだ。

ちなみに、アフタ性であってもウイルス性であっても、口内炎ができやすい状況というのは、ある程度わかってきている。 

口内炎は様々な原因によって起きます。サプリメントでビタミンを摂っていても口内炎になることがあるといわれています。
朝起きたときに口内炎ができてた場合、睡眠不足や唾液の不足を予想しますすが、複数の原因が重なって口内炎になることが多いようです。
<生活習慣による原因 >
・ストレス
・睡眠不足 
・歯や歯ブラシで口の中の粘膜を傷つける
・唾液の不足 
・口の中の細菌の繁殖
・鉄分やビタミンの不足
<そのほかの原因 >
・食べ物や金属のアレルギー
・ほかの病気(手足口病やベーチェット病など)
・カビやウイルス
・被せ物の形が合わず粘膜を刺激している場合 

そのため傷の修復を遅らせてしまいますので、うがい薬や洗口液でブクブクうがいした後に水でうがいをしたほうがよいでしょう。ちょっと怖い話なのですが「口内炎だと思っていたら ・ ・ ・」違う病気だったということもあります。漫談家のケーシー高峰さんは、2005年5月に舌がんと診断されました。そして、2度に渡る手術を受けたそうです。

初期の頃は、口内炎のような症状でした。そして白板症(はくばんしょう)という病変でした。執刀した医師の話によると「口内炎だと思ってほうっておいたら、実は『がん』だったという人も多くいる」と言われたそうです。このお話で注意していただきたいことは口内炎から「がん」に進行するわけではありません。前がん病変やあるいはがんの初期の状態のことを口内炎と間違える人が多いということです。

口内炎とストレスの関連ははっきりと解明されていませんが、ストレスが溜まっている人は口内炎の発症率が高いというデータは出ています。また、ストレスがたまっていると、免疫力が低下するのは事実です。超音波スケーラーは大切です。
疲れたときはゆっくりと休み、睡眠をしっかり取るようにしましょう。また、気分転換に遊んでみたり、ストレスから解放されるような時間を持つことは、口内炎の予防だけでなく、他の健康面にもいい影響を与えることと思います。 ビタミンB群のサプリメントもたくさん市販されています。口内炎のための医薬品もビタミンB群が主成分です。症状が悪化した時は医薬品を利用することをオススメしますが、まずは口内炎にならないよう、日頃からビタミンB群をしっかり補給し、予防に努めるようにしましょう。そうした日々の栄養補給には値段もお手頃で手軽に摂取できるサプリメントがオススメですよ。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp