登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口臭予防とあれこれ

口臭予防とあれこれ

「緊張するとのどが渇く」ことは誰でも経験のあるところ。口の中の唾液が減りますので、(歯科機器)嫌気細菌のバクテリアの登場です。緊張やストレスに弱い、小さなことをくよくよ気にしがちな人がストレス状態になると、自律神経に刺激を与え唾液の分泌を抑制してしまいます。人と話している最中に自分の口臭が気になって、思わず手をあてて会話してしまうなど、相手を気にしてさらにストレス度が増していきます。「大事な仕事中に限って口臭が気になってしまう」などという現象は。ストレスや緊張が口臭の原因になっている可能性大です。

あまりに口臭が気になるようであれば、口臭外来、息さわやか外来など専門の診察科にかかってもよいでしょう。外来に通院する人の約8割は口腔乾燥症や唾液分泌低下症と診察されます。カウンセリングから入ってメンタル面からケアしてくれます。時には抗不安薬なども処方され、口臭防止に対処してくれます。口臭は「ガムテスト」という簡単にドライマウスを判断できる方法があります。口臭についてのアンケートで、少し前の話しですが、東京のサラリーマンに聞いたところ約3割が「口臭がある」と答えたそうです。
これに対して、ニューヨークのサラリーマンは、口臭を気にする人はいないというんでなぜ、このような結果が出たかと言うと、アメリカではほとんどの人が歯の定期健診を年に数回受けるのが習慣になっていて、歯の健康や口臭には自信を持っていますが、日本では習慣化していないし、歯石取りもあまり熱心にしないので、口臭がすると答える人が多くなったのでしょう。 

アメリカでは、「どうして3ケ月おきに歯医者に行くの?」と聞いても答えは返ってこないで、逆に定期健診に行っていない人は、「どうして行かないの?」と質問されるそうです。

人の舌は放っておくと、食べカスや細菌などが蓄積していきます。硬いものを好み、舌が活発に動く方などは、蓄積しにくい傾向にありますが、それでも完璧に細菌などの蓄積を防止するのは不可能です。口臭は、舌に蓄積するカス(舌苔)も影響しており、定期的に除去することがとても大切になるのです。

舌苔を予防するには、柔らかいものばかりを摂取しない事です。舌の中央部には無数の突起物(舌乳頭)があり、食べカスや細菌が絡まりやすくなっています。もし、舌苔になってしまったら、超音波スケーラー清潔なタオルで削ぎ落とすように直接除去していきましょう。だからと言って力を入れすぎると味覚を司る部分に傷をつけてしまうので注意が必要です。

口臭予防食材と飲み物では昆布、野菜、レモン、ランベリー、ハチミツ、梅干、お茶、マッコリ酒、ミントティーなどがお勧めとなっているのです。

更に小さい物では、1回分ずつ小分けしてある物も出てきているようですので、パーティーなどの小さいカバンなどお洒落したい時には必須になっているのです。

超音波歯ブラシウルティマは、1秒間に160万回もの振動をすることによって、口臭の原因になる歯垢を分解する歯ブラシなのです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp