登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > FGG遊離歯肉移植術

FGG遊離歯肉移植術

一次手術のあと3ヶ月〜6ヶ月待ちその後に土台(ab:アバットメント)を立てます.そのための手術です。基本的に費用はかかりません。ただインプラントを取り囲む歯肉は動かない歯肉がよいので、動く歯肉に取り囲まれた場合歯肉の移植が必要となります。上顎の口蓋から歯肉を採り移植します。この処置を遊離歯肉移植術(FGG)といいます。

インプラントの周りには、硬い歯ぐきが必要となります。抜歯後は、硬い歯肉が失われていることがあり、そのままインプラントを埋入しても、歯ぐきが退縮したり、歯磨きが難しくなるため、永続性を得ることが難しくなります。それを補うために、上顎の歯茎を移植するわけです。歯科x線は大切です。

手術後は、大変丈夫な歯茎を獲得することができます。浦安ブランデンタルクリニックでは、インプラントを行う場合には、必要に応じ、様々な手術様式の中から、患者様に最適な方法を選択して頂くことができます。超音波スケーラーで清潔を守ることは必要です。

口蓋採取部。日常生活に支障のない程度までは快復しています。こちらは抜糸しました。可動粘膜がかなり上部に広がっていたのでこの術式になりましたが、もう少し範囲が狭く、インプラント周囲に移動可能な歯肉があれば口蓋からの採取はしなくても済む場合があります。そのようなケースでは2次オペの際に同時に行います。切り取って捨ててしまう歯肉を利用しますから短時間で侵襲も少ないです。 インプラントに使用できる骨の幅と高さを計測しています。CTの場合は画像というよりデータです。DICOM(ダイコム Digital Imaging and COmmunications in Medicine )という規格に則ったもので、それを専用のビューワで解析します。ここが例えばJPEGのような形式との根本的な違いです。写真は斜めから見ても斜めから見た平面ですが、CTデータは斜めからも後ろからも視点を変えて見ることができます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp