登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > アマルガムと自閉症について

アマルガムと自閉症について

アマルガムとは歯科用金属の一種で、部分的なむし歯の詰め物の一部として使われていますが、近年の歯科治療においてアマルガムは歯面との適合性や操作性などが向上した他の歯科材料の進歩により使用頻度が極めて低くなっているか殆ど使われていないのが現状です。このアマルガムは水銀 (無機水銀)、銀、スズ、銅などの金属を機械で練和した (これにより練和時の水銀蒸気の発生を大きく抑制します) 合金で、水銀はその重量%の約50%を占めます。しかし合金にすることで、健康被害を与えるような水銀が溶出することはないと学術的に証明されており、国際歯科学会とWHOは 『アマルガム充填から放出される少量の水銀は、特に充填時と切削時に多くなるが、何らかの健康被害を引き起こす所見は得られていない 』 としています。 

まずは環境ホルモンについて簡単に説明します。超音波スケーラーは大切です。
環境ホルモンとは正しくは 『外因性内分泌撹乱化学物質』 いい、女性ホルモンと類似した作用を示すことで人体の内分泌を撹乱させてしまうとされています。生体は内分泌系、神経系、免疫系のそれぞれが互いに関連・制御して適正な状態を維持します。しかし環境ホルモンによって内分泌系が撹乱されると神経系、免疫系にも異常が出て、この神経系の異常の一つが自閉症ではないかという仮説があります。 

のため初診時の対応はフラッシュバックに繋がるような悪い記憶を脳に残さないようにする意味においても、痛い思いや怖い思い、無理などをなるべくさせないように私たちが彼らに合わせて細心の注意を払う必要があります。そしてこれは今後の歯科治療の可否を左右するうえで極めて重要になってきます。 

自閉症は先天性の脳の機能障害で、様々な刺激に対する情報処理が上手くできないため、日常の生活においていろいろな困難をきたしています。自閉症の世界というのは言うならば私たちが言葉も文化も何もかも違う見知らぬ土地に独りで生活しているのと同じような状態です。こうした状況で現地の人が独りでいる自分に合わせて、もし分かりやすく、いろいろな支援をしてくれたらどんなに心強いでしょうか。歯科x線は必要です。 

歯科医院は自閉症の人たちが苦手とする騒音やまぶしいライトの光、薬品の刺激臭、身体への接触、水や痛みの刺激に満ち溢れています。(⇒耳栓やイヤーマフ、サングラスなどによる感覚遮断)
まず一定時間、大きく口を開けていなければならず、身体を動かすこともできません。健常者でも苦痛に感じますが、なぜ自分がそういう目にあわなければならないか理解でききない場合、その恐怖やストレスは我慢できないものになります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp