登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 矯正治療

矯正治療

歯並びやかみ合わせが悪いことを不正咬合といいます。不正咬合があると口元の形が良くないばかりでなく、歯の働きが妨げられたり、歯科材料で歯の清掃が十分にできなくなって、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。乳歯の生えそろった3歳では口呼吸や指しゃぶりなどの生活習慣の指導や食習慣の指導や反対咬合の予防矯正を。

 

どんな人が矯正するの?

歯並びが不揃いである

歯と歯の間に隙間がある

奥歯でしっかり噛んでも、前歯が噛み合わない

上下のあご(歯)が横にずれている

歯がねじれている

出歯や受け口

物がよく噛めない

 

また永久歯が生え始める6〜7歳の混合歯列では、上下の顎の矯正や前歯の部分矯正を。12歳以降の永久歯列では全体の歯列矯正を行っています。

 

矯正治療中の虫歯や歯周病予防にも力を入れています。 矯正治療で得られる美しい歯並びと口元は、笑顔に自信が持てるようになるだけでなく、他の人に「知的」で「優しい」という印象を与える効果もあることが研究によって分かっています。 この時期の治療では、かみ合わせの状態や歯列の発育に応じて、床矯正装置(プレート)、固定式装置(リンガルアーチ)、拡大装置、ヘッドギア、マルチブラケットなど歯科機器を使い分けます。装置の種類によっては、取り外しの可能なものもあります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp