登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

正式名称は第三大臼歯(だいきゅうし)と言います。通称「親知らず」ですが、智歯(ちし)なんて言い方もします。早い方では17才ぐらいから生えてきます。昔は短命であったために、そのころになると親は死んじゃってこの世にいませんので「親知らず」なんて通称ができたそうな。智歯ってのも、知恵(智恵)がついたころに生えてくるということから名付けられたものでしょう。歯医者さんでは「8番」なんて言い方もします。

埋伏している親知らずの抜歯(歯科医療機器販売)に際して下歯槽神経が近接している場合、抜歯後に知覚麻痺が生じる可能性があります。下歯槽神経と親知らずの位置的な関係から、知覚麻痺を防ぐことは難しいと予想される場合、麻痺が生じるものとの前提で抜歯を行なうことになります。抜歯後、知覚麻痺が生じた場合、ビタミン製剤の投与、遠赤外線の照射、歯科用レーザーの照射など回復を促進する対応が必要です。下歯槽神経の損傷程度によっては、残念ながら知覚麻痺が完全に消失しない場合もあります。ただじっと自然回復を待つのではなく、積極的な対応が必要だとは思いますが、時間的な経過から麻痺の消失は難しいかもしれません。 

 

多くは抜いた親知らずが手前の歯に触れていたために、その部分の骨が無くなり、ちょうど歯槽膿漏のような状態になっている場合です。

また親知らずが手前の歯の根を溶かしている・虫歯のような状態にしている事も多々あります。さらに、抜いた時に手前の歯に圧力がかかった事や、一部の骨に障害を起こしているなどの、歯科機械的な要因も考えられるでしょう。

ほとんどの場合は時間の経過とともに落ち着いてきますが、X線写真等で判断しないと全くわかりませんので、歯科医院へ行って診察してください。 

 

 

1)神経を傷付けてしまった、もしくは切断か、の詳しい判断材料が有れば、教えていただけませんでしょうか。

2)また、先生方の所見として、私の症状は神経が傷付いているもしくは切断、どちらに思われますでしょうか

3)仮に切断の場合、再生医療は可能でしょうか。出来る限り顔に傷を残さずに可能な医療が有ればおしえていただけませんでしょうか。


 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp