登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 予防歯科を受診

予防歯科を受診

これまで歯科医院には「歯が痛くなった時に行く」と考えられてきました。しかし、歯は治療するたびにダメージを蓄積しもろくなってしまいます。ご自分の歯を長く使うためには、発症する前に予防するのがいちばん。近年では、歯科医院は「予防のために行く」という考え方が広まっています。予防歯科を受診すれば、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを未然に防げ、天然歯を削ったり抜いたりしなくて済みます。

 

私たち日本人のほとんどは、歯科医院の役割が治療だけだと思っています。しかし、そう思っているのは、日本人だけのようです。今や世界では予防のために歯科医院を利用することが当たり前になっているのです。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

 

日本人の約80%がかかっているか、その予備軍といわれている病気「歯周病」。実は歯を失う原因の第一位でもあります。初期には自覚症状に乏しく気づいたときには進行していることが多いため、歯を失うリスクが高いのです。

 

 

また、歯周病の影響はお口のなかだけにとどまりません。口腔内の毛細血管から血液を介して歯周病菌が全身の臓器に巡り、脳梗塞や肺炎などさまざまな病気の原因となってしまうことがあるのです。

 

 

虫歯になってしまったら、治療すれば良いと考えている方が多いのではないでしょうか?しかし、虫歯は削って代替のもので埋め合わせをしているだけです。決して虫歯になる前の状態に戻せたわけではないのです。また、歯周病に関しても進行が進んでしまうと、元の状態に戻すにはとても難しいです。そのためご自分の歯を一生涯残していくためには、(歯科医療機器販売予防治療が最も大切と言えます。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp