登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭の原因が自臭症の場合

口臭の原因が自臭症の場合

口臭の中でも、自臭症の場合、原因は他臭症と同じ細菌であるとされています。(歯科機器)細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(=嫌気性菌)が、主な口臭の原因であるとされています。 しかし、他臭症の人と比べてみると、その量はものすごく少なく、問題となる量ではありません。しかし、自臭症の人というのは、他臭症の人と違って、いつも口臭を感じてしまっています。

 

嗅覚には連続的な臭いには麻痺してしまう性質があります。ですから他臭症の人は自分の口臭を感じていないことがほとんどです。しかし断続的に発生するニオイに関しては、はっきり感じることができるので、自臭症の人は自分の口臭が気になるのでしょう。

 

なぜ口臭は他人は感じないといっているのに自分は口臭を常に感じてしまうのでしょうか。口臭を感じてしまっている理由としては、断続的に口臭が発生しているからだといわれています。人の嗅覚というのは、ずっと続くにおいに関しては、麻痺をしてしまうのですが、断続的に口臭が発生する場合には、なんだかいつも口臭があるというように感じてしまうようになっています。 すると、口腔内にそもそも一般的に存在する細菌が増殖してしまい、実際に口臭がつよくなるのです。歯科超音波スケーラーは必要です。

 

「自臭症」における細菌の量は、「他臭症」と比べると格段に少ないです。そのため、唾液の分泌量の変化に対して敏感に細菌の活動が影響を受け、口臭の強弱が発生します。本人が断続的に口臭を感じるため、 「自分は口臭がある」と自覚することになるのです。

 

自臭症」において口臭を防止するには、「自分には口臭がある」とつよく意識しすぎないことです。口臭を感じた際には、水を飲んで唾液の分泌量を増やして細菌の増殖を防ぎ、口臭を防止しましょう 自分ひとりで悩んでいないで、まずは一般科で精密検査などを受けて、次に専門家による精神療法を受けることが必要です。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp