登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 自臭症の場合

自臭症の場合

口臭の中でも、自臭症の場合、原因は他臭症と同じ細菌であるとされています。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(=嫌気性菌)が、主な口臭の原因であるとされています。 しかし、他臭症の人と比べてみると、その量はものすごく少なく、問題となる量ではありません。しかし、自臭症の人というのは、他臭症の人と違って、いつも口臭を感じてしまっています。

 

嗅覚には連続的な臭いには麻痺してしまう性質があります。ですから他臭症の人は自分の口臭を感じていないことがほとんどです。しかし断続的に発生するニオイに関しては、はっきり感じることができるので、自臭症の人は自分の口臭が気になるのでしょう。診療ユニットはとても便利です。

 

また、普段は口臭が気にならない人でも、その人の状態によっては一時的に強い口臭が出ることがあります。具体的には朝起きた直後、臭いの強い食品を食べた時、疲れている時、緊張している時などで、このような時に「口が臭い」と他人に言われたことを気にしすぎるあまり自臭症になってしまったケースも多いのです。

 

自臭症の人は口臭のメカニズムを理解して、こういう場合に多少口臭が出るのは仕方の無いことだとある意味開き直ることが必要です。ただ、開き直りすぎて周りから「あの人、口くさ〜」となるのも困るので、正しい口臭対策の方法も合わせて理解するようにしましょう。 そのため、加齢臭はほとんど40歳以降に見られるのに対し、自臭症は20代、30代にも多く見られます。歯科レントゲンは必要です。

 

人と接すること自体に嫌悪感を抱くようになり、引きこもりがちになったり、うつ病などの他の精神疾患を併発しやすいことが特徴です。ひどい場合には、自殺を図るほどにまで追い込まれてしまうこともあります。 

 

元から几帳面であったり、潔癖症の方には特に発症しやすいと言われていますし、加齢臭は自臭症を引き起こす引き金となりやすいため、強い心を持って改善に取り組むことが大切です。自臭症は、一気に解決使用と思ってもできないものです。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp