登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯茎のできものから膿

歯茎のできものから膿

口の中の粘膜に起こる炎症をまとめて「口内炎」といいます。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。ここでは、口内炎の基礎知識として、口内炎の症状、原因、治療・治し方、口内炎を起こす疾患について紹介しています。また、口内炎の種類にもいくつかありますので、治し方もそれぞれです。 

 

口内炎は、傷が原因となりできてしまう場合もありますし、原因がわからず気づけばできてしまっている口内炎もあると思います。口内炎は、ほとんどの方がなったことがあるのではないでしょうか。傷が原因となってしまいできる口内炎の仕組みは、魚の骨などが刺さってしまう誤ってかんでしまうなどです。

 

こういったことから口の中に傷ができてしまいます。この時に、だ液の分泌が低下してしまっていると、細菌が洗い流せないため傷で細菌が繁殖してしまいます。そのため、炎症がおきてしまい口内炎になってしまうといような図式になってしまいます。次に原因不明の口内炎ができる仕組みには、どのようなものがあるのでしょうか。歯科レントゲンでよく検査しましょう。

 

口内炎に対し青汁は、予防の効果があります。青汁には、ビタミンB2などの口内炎予防に効果があるビタミン群が多く含まれています。予防として、青汁を毎日服用することは、効果的であるといえます。口の中を噛んでしまったり、口内炎ができたばかりの時期に、青汁を多めに摂取することで、口内炎がひどくならずに治るケースもあるようです。口内炎の種類にもよりますが、原因のひとつに、ビタミン不足があります。特に、ビタミンB群のビタミンB2やB6、ビタミンCなどが不足すると、口内炎になりやすいといわれています。

 

ビタミンB2は、粘膜を保護したり、細胞の成長促進、脂質・糖質代謝などに働き、口内炎だけでなく、肌や髪の毛、爪などにも大切なビタミンです。ビタミンB6は、タンパク質の代謝を促進し、正常な免疫機能を保つ働きをしています。診療ユニットはとても便利です。また、ビタミンB2が不足すると、ビタミンB6の不足にもつながります。ビタミンB2は、納豆やウナギなどに、ビタミンB6は、イワシやカツオ、サンマなどの魚類に多く含まれています。

 

まずは過労とストレスですが、仕事量を勝手に減らすことは出来ないと思います。なので、疲れたと思ったら十分に睡眠をとるようにしたり週末はゆっくりと自宅で過ごすようにしましょう。ストレスについては、自分の努力で減らすことは難しいと思います。そのためストレス解消法を見つけ出してストレスを溜め込まないように工夫をしたほうがよいでしょう。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp