登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口内炎の原因と治療ガイドについて

口内炎の原因と治療ガイドについて

口の中の粘膜に起こる炎症をまとめて「口内炎」といいます。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。ここでは、口内炎の基礎知識として、口内炎の症状、原因、治療・治し方、口内炎を起こす疾患について紹介しています。 

 

口内炎の原因についてですが、口の中をあやまって噛んでしまったという他にも、胃が悪いからとか聞いたりします。その原因によってきちんとした治療を行わなければなかなかなおりませんよね。簡単な治療方法としては、市販の歯科材料を使ってみるのもよいでしょう。1番てっとり早いのかもしれません。それでもなかなか口内炎が治らない場合には、病院で治療をうけることが一番だと思います。

 

もしかしたら、口内炎ではないかもしれませんので、なかなか治らない時は病院へ行ってみたほがよいかもしれませんね。また口内炎になる前に自分でできることについてですが、まずはバランスのとれた食事を摂るようにすることです。ビタミンを意識しながら摂ったほうがよいみたいです。バランスの摂れた食事をするようにしてストレスを極力ためないように生活することが理想的だと思います超音波スケーラー エアスケーラー は大人気です。

 

口内炎の症状は、抗がん剤投与後2〜4日目くらいから、放射線治療では照射開始後2、3週間目ごろから出てくることが多いようです。最初は、口の中がざらざらした感じ、焼けた感じ、食物や液体がしみる感じ、粘膜が赤くなる発赤などで始まり、痛みのない潰瘍や浮腫(粘膜の腫れ)、白斑(膿がついたような斑点)などが出現。さらに進むと、痛みを伴う潰瘍ができたり、出血したりするようになります。唇、頬の内側、歯肉、舌など、粘膜ならどこにでもでき、口の中全体が潰瘍化して、食べ物を飲み込めない嚥下障害になるケースもあります。

 

「通常は、口内粘膜が再生する10日目から2週間以内にほぼ治りますが、次の投与サイクルが始まったり、感染がひどくなったりすると治りにくくなります。とくに、抗がん剤と放射線を併用した化学放射線治療で、咽頭部に放射線があたるような場合は、飲み込むときに非常に強い痛みが出て、口から何もとれなくなることがあります。

 

ビタミン以外にも鉄分などの微量元素(ミネラル)が口内炎の予防には重要であり、これらを多く含む緑黄色野菜、魚介類などを食事に多く取り入れると、口内炎予防としては効果的です。食事をメインに、不足分はサプリメントを活用するなど工夫して下さい。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp