登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 舌の口内炎で激痛

舌の口内炎で激痛

口内炎で最も激痛を感じるのは舌にできてしまった口内炎ではないでしょうか。口内炎は舌の他に喉、歯ぐき、くちびるにできますが、舌にできてしまった口内炎は舌を動かす度に激痛を感じます。歯科機器でよく検査しましょう。

 

舌にできてしまった口内炎は激痛を伴いますが、口内炎とは口の中の粘膜に起こる炎症のことです。口の中の粘膜であれば舌以外にも頬の内側や唇の内側、歯ぐきというようにどの部分にでもできます。乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層に発症がみられ、原因は、口の中を誤って噛んでしまったり、体力の低下やビタミンなどの栄養不足、口腔内が不潔であることなどです。

 

口内炎が舌の裏にできてしまうと本当に厄介のようです。ここに出来てしまった時の痛みは半端ではないそうです。特に口内炎ができているというような症状などがないときには、舌の存在ってそんなに強く意識することはないと思います。しかし、舌の裏に口内炎が出来てしまうと「舌はこんなに機能しているのか・・」というように改めて感じることもあるとおもいます。 

 

肺炎や化膿性疾患などで抗生物質を長期にわたって服用していると、口内炎ができることがあります。これは抗生物質がある種のビタミン不足を招くことによります。体の中に取り入れられたビタミンB2とB6の利用障害を引き起こすのです。口腔内カメラは必要です。

 

毎日の食事で、これらの食品を欠かさずにとることが大切です。ビタミンB群の不足は口内炎だけでなく、唇の端のひび割れや、かさぶたができたりする口角炎を引き起こすことも知られています。

 

あくまでも毎日の食事が基本となりますが、忙しい方はCMでお馴染みのチョコラBB(エーザイ)などを利用するのもよいでしょう。また日常生活では、十分な睡眠をとって疲労を蓄積させないようにしたり、精神的ストレスをためないことも重要となります。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp