登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口内炎の食事レシピ

口内炎の食事レシピ

口内炎に効く対処法は、口腔内を清潔にすることやストレスの解消とかがありますが、なんといっても栄養のバランスの取れた食事を摂ることが口内炎を治す近道です。 では、栄養のある、バランスの取れた食事,口内炎の回復にいい食事とは〜。まず、食事の味付けは薄味にしましょう。刺激の強い物、甘すぎる、塩辛い、酸っぱい物、極端に苦い物など水分の少ない料理など直に刺激がある物は控えましょう。カレーやキムチなど香辛料が強い物も控えましょう。 

 

消化しやすい柔らかい物、きざんでやわらく煮込んだ料理も口内炎には向いていますし一度に多くの栄養を補給することが出来ます.口内炎が出来ている時に、堅いものを口するとかなり苦痛を感じることになってしまいます。いわば口のなかが地獄のような状態です。サラダなどの生野菜が患部にあったたとしても痛くて辛いでしょう。でも、栄養不足だと口内炎の治りも遅くなってしまうので栄養はきちんと取るようにしたほうがよいでしょう。これは後から気づくことも多そうです。

 

口内炎のときによく食べるのは、ポタージュ系のスープなどがいいかもしれません。コーンクリームやヴィシソワーズなどが良いでしょう。また野菜やお肉を離乳食くらいに細かく刻んで煮込んだシチューなどもおすすめです。熱いうちに食べてしまえば、とても沁みますので辛いのですが、冷まして食べればほとんど痛みは感じません。気をつけたいのは味付けです。

 

また、水分を多く含み、味付けは口内炎を刺激しないようになるべく薄味を心がけるようにしてください、熱すぎる食べ物は口内炎を刺激しますから、少し冷ましてから食べるようにしてください。超音波スケーラーは必要です。

 

おかゆやぞうすいなどは口内炎には負担が少なく栄養も摂れますから、卵を入れたり、細かく刻んだ野菜や肉などを入れたりして、食べることをおすすめします。おかゆやぞうすいだけでは味気ない、飽きてしまうという方には、野菜をたっぷり入れたシチューをあまり温めすぎないようにして食べることをおすすめします、ブロッコリーやにんじんなどの緑黄色野菜をとることで、(歯科材料)ビタミン不足も解消できます。口腔内を雑菌から守る粘膜の抵抗力を高めるビタミンA、ビタミンC(緑黄色野菜やレバー)をしっかり摂る。

 

 

また、疲労回復に役立つビタミンB群(納豆、豚肉)などを含む食品を食べる。ミネラル(海藻類)なども必要です。ありきたりですが栄養のバランスよく偏食を無くすことが大事です。 出来てしまって痛くて思うように食事が取れないときは・・・これは痛い患部の粘膜を保護すると言われる牛乳系のものはいかがでしょう。やわらかいし、しみません。摂り易いです。食べずにはいられませんからね。

 

特にコーンフレークをたっぷりの牛乳でよくよく浸してやわらかくして召し上がるといいですね。コーンフレークは栄養価が高いです。シリアル食品ですね。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp