登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯周病と歯茎出血の原因について

歯周病と歯茎出血の原因について

歯を磨く時、歯茎から血が出たことがありませんか? 歯茎出血の原因として最も多いのは歯周病ですが、他にもいくつかの原因が考えられます。では、歯茎からの出血の原因についてお話します。

 

歯茎からの出血は炎症のサインです。歯茎には毛細血管が密集しているため、普通の皮膚よりもデリケートになっています。毎日の歯磨きで出血が見られた場合は、まず炎症が起こしていることを疑ってみる必要があります。健康の歯茎なら、歯磨きくらいで出血するはずがありません。
歯茎出血の原因は、主に下記のようなものが考えられます。
根管治療はよいです。歯茎からの出血は禁煙後いつごろからとははっきりわかりませんが、おそらく体循環が改善する2週〜3週くらいだと思います

 

 

タバコを吸っていると、血液の循環が悪くなることはあなたもよくご存知だと思います血液の循環が悪いということは、血管が収縮してしまっているということです

 

試しに、あなたの歯茎を鏡でよ〜く観察してみてください黒っぽくないですか?臭いや態度で「吸わない」と言っていても、歯茎をみると一目瞭然ですちなみに、家族がタバコを吸っていて受動喫煙にさらされている人も歯茎が黒っぽくなっていることがあります。歯科レントゲンで検査しましょう。

 

小学生の歯科検診でも、歯茎をみると、家に喫煙者がいるかどうかわかると歯科医師は言っていました通常であれば、歯茎はピンク色でツヤツヤしています歯茎が腫れているのに、ブラッシングで出血しないのは、全然磨いてないのと同じことです。時々、血が出る時の磨き方の方が正しくて、出血しないときには歯茎歯ブラシの毛先が当たっていないのです。正しい部分に毛先を当てて磨いていれば、歯茎に炎症があれば毎回出血するはずですし、逆に歯茎に炎症がなければ、一切出血することはありません。

 

 

 

 

時々でもブラッシングで出血するようでしたら、しばらくの間、わざと出血させるぐらいの気持ちで、歯茎にも毛先を当てるようにするべきです。そもそも歯茎から血が出る状態は、プラークという菌のバイ菌が、歯と歯茎のまわりについて歯茎を攻撃し、歯周病を進行させようとします。これに対する人間の防衛反応として、プラークと戦う細胞が歯茎に集中して抵抗している状態なのです。それは、やはり歯磨きでしょう。正しい歯磨きを行い、歯垢と除去しなくてはいけません。

 

また、虫歯の場合も早めの処置を行わなければ、歯槽膿漏へと進行してしまうので、口臭の原因にもなってしまいます。歯茎からの出血くらいで痛みがないからと安心していると、自分では気づいていないだけで、症状が進行している場合も多いのです。

 

いずれにしても、歯茎から出血をしていて、口臭がひどくなってしまっている場合は、必ず歯科医院で診てもらいましょう。正しい歯磨きもですが、ビタミンCやカルシウムの補給も大切になってくるので、小松菜などの緑黄色野菜も積極的に摂る様にしてください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp