登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯磨きだけじゃない舌磨きも大切

歯磨きだけじゃない舌磨きも大切

口臭予防は食後のケアが大切です。口臭は唾液と食べ物が大きく関係しています。食べ物では肉類や乳製品などのタンパク質多く含むものを口腔内のバクテリア分解して口臭を発生させます。このとき口腔内が飲食物で酸性に傾くと安静時唾液の働きでが中性に戻そうとします。唾液は口臭を発生させるバクテリアを抑制する作用があります。超音波洗浄機で清潔をまもることは必要です。安静時唾液はたのしい気分でおしゃべりや歌ったり、リラックスしている時にでます。ストレスがあると逆に唾液の分泌を抑えてしまうので口臭がくさくなります。

 

口腔内に食べかすが残っているとバクテリアの増やす事になので、歯磨きをすると思います。しかし食べかすは歯ではなく舌に多く残っています。歯磨きよりも舌磨きの方が口臭予防に効果的なのです。舌の表面の白く覆われた部分を舌苔(ゼッタイ)と言います。これは食べかす、口腔内の細菌などで構成されていて、取り出すと悪臭がします。この舌苔「ゼッタイ」を適度に除去することで口臭を防げます。でも舌をあまり強く磨きすぎる舌を傷つけてしまい、かえって口臭がが発生してしまいます。適度な舌磨きが大切です。この舌磨きに便利な「ベロクリーナー」というものもあります。超音波スケーラーは大人気です。 

 

歯磨きを怠ると、細菌の塊である歯垢が悪さをして口臭の原因になるということはよく聞きますね。では”舌苔”とは?じつはこの舌苔とは歯垢とほとんど同じだそうです。舌には意外と細かい食べカスが残っているようです。このまえ青のりたっぷりのお好み焼きを食べた後に、口を水ですすいだにもかかわらず、舌磨きでいっぱい青のりがでてきました。そうです、舌には食べ物の小さな残りがいっぱい付着しているのです。

 

それに加えて、舌には口の粘膜のはがれおちたもの(皮膚で言うなら垢”アカ”)も沢山くっ付きやすいようです。どうりで舌はざらざらしていると思った。世界的に舌を磨くことが健康に良いと注目されている中で、日本では舌ブラシを使用している方が非常に少ないことがわかっています。歯ブラシで歯磨きのついでに舌を磨く方が多く、舌を傷つけていることをご存じないようです。

 

現在、口臭ガム、口臭スプレーを多く利用されている方が多いですが、それらはあくまでも一時しのぎであり、口臭の根本、原因を明らかにはしておりません。口臭の原因は、口の中の疾患、耳鼻科的疾患、消化器官内科疾患、その他といわれております。

 

口臭の原因の大部分は口腔であり、その中で原因となるものの多くが舌苔といわれる、舌の表面に付着した老化細胞や、食べカスです。「W-1(ダブルワン)」を使用して舌を磨くことによって、口臭の原因ともなる舌苔を除去し、口臭を予防することが可能となったのです。 

汚れが取れると嬉しくなって、ついゴシゴシしたくなってしますが舌を傷めてしまうので、きつく舌に押し当てないでくださいね。あまり押し付けると、「おえっ」となることも…(^_^;) 

 

歯ブラシ後に、舌磨きをすると、さらに口内がサッパリになり、本当に気持ちがいいですよ!家だけでなく、オフィスにもあると、打ち合わせの前やミーティング前に“ササッ”とケアできて便利です。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp