登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 子どものお口の健康

子どものお口の健康

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中は無菌状態です。ところが、ミルクの温度を確かめようとお母さんが口にした哺乳瓶(歯科機器)を赤ちゃんがくわえたら?お母さんのお口の中のむし歯菌があったら・・・

 

赤ちゃんの口へと感染する危険性があります。お母さんの歯やお口に対する意識や関心度が、子どもの健康に大きく関係しています。乳幼児期の生活習慣は、学童、思春期へと継続していきますので、大変重要な時期なのです。 口は単なる食べ物の入口ではなく、とても大切なセンサー(感覚器官)です。私たちが食べ物を入れて飲み込むまでには、五感をフルに回転させて食べ物の性質を感じ取っています。根管治療機器は大事です。

 

子どもは、いろいろな食品をさまざまな形で食べる味覚体験をとおして、おいしく食べる五感を育んでいきます。そして、かめばかむほどお口の味覚センサーがフル活動して、おいしさが倍増するのです。小児の虫歯予防の原点は、母親にあると言ってもよいでしょう。生後10ヶ月〜31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、又、小児が ショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。

 

問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを追うという事です。 反対に、上記の期間を無事に過ごす事が出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。 さて今回のテーマは『子供の虫歯予防』でしたね。

 

保護者の方はすでに歯医者さんで勧められているかもしれませんが、フッ素コーティングというものがあります。(LED光重合照射器歯磨き粉にもフッ素配合のものが一般的になり、何となく良さそう!と思って使っている方も多いのではないでしょうか。フッ素がもたらす虫歯予防効果を調査したのでお知らせします。

 

フッ素の作用は、フッ素でコーティングすることで虫歯菌が出す酸に侵されない強い歯にする効果があり、虫歯菌が酸を生成できなくする抑制効果があるということです。また、フッ素には歯の再石灰化を促すチカラを秘めているようです。フッ素の作用は、いずれも虫歯には非常に効果的であることがわかりました。注意点として、フッ素コーティングしたから虫歯にならない!というわけではありませんので、正しい歯磨きや食生活は意識しましょう。

 

重要なのは、子供が歯医者は怖いところというイメージを持たないようにすることです。 歯医者は怖いというイメージを持つと、今後、虫歯になって歯が痛くても、我慢して隠すようになってしまいます。怖い歯医者には行きたくないですからね。 そうならないためにも、歯医者選びには細心の注意を払ってください。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp