登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 入れ歯ってどんなもの

入れ歯ってどんなもの

入れ歯は『義歯』と書きます。人が不幸にも手や足、眼を失った時に義手・義足・義眼が必要となるように歯も同じです。たった一本でも自分の体の一部ですから、それを失った時に必要となるものが、『義歯』です。 コーヌスクローネとは、冠と一体化した義歯を土台となる残存歯に固定する方法の入れ歯です。


土台の歯を動かす必要がないため、手術が不要です。審美性が高く、安定しているためしっかり噛むことができます。土台の歯がだめになった場合も、簡単な修理で長期間使い続けることが可能です。

 

インプラント義歯のメリット

 

あらゆる入れ歯の中で、最も入れ歯をしっかりと固定することができる。入れ歯ががたつくことにより発生する痛みも大きく軽減させることができる。あらゆる入れ歯の中で、咀嚼能率(ものを噛む能力)が最も高い。アゴの骨に直接噛む力が加わるため、アゴの骨が徐々に溶けてしまうのをある程度防ぐことができる。

 

 

違和感が少なく、最も自分の歯に近い感覚に回復することができる。入れ歯が落ちたり外れたりすることがほとんどない。人体は、使用しないと衰えるように出来ています。使われない筋肉が萎縮し、細くなっていくように、骨もまた、使わない部分は、衰えていきます。顎の骨も同様で、噛むことによる刺激が伝わらない部分は、自然と細くなっていくようにできています。

 

 

なぜなら、骨の細胞は常に、古いものは壊れゆき、新しいものが生産されているのですが、不要な部分と判断されると、新しい骨細胞の生産がストップしてしまうからです。歯根がなくなり、噛む刺激が伝わらなくなると、骨細胞の再生産が行われなくなります。そのため、歯が抜けたままにしておくと、あごの骨が退化し、変形してしまうのです。超音波スケーラーは大人気です。

 

 

この金属床義歯の特徴としては以下のようなことが挙げられます。
(利点)

 適合性がプラスチックに比較して良好である。
 熱が歯ぐきに伝わりやすく、熱い・冷たいなどの温度感覚に優れ、食事時の味覚にも良い影響が見られます。
 強度がプラスチックに比較して優れているので、薄くすることができる。口腔内カメラ出よく検査しましょう。
 薄いために違和感が減少し、舌触りも良好になる。
 発音機能にも良い影響を与える。

 

このように金属床義歯には、普通の義歯(プラスチック)に比べて多くの優れた面があります。 ただし、義歯作製には精密な歯科技工作業が必要であり、費用が多少高額であり、健康保険診療が適応されません

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp