登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > インプラント義歯とは

インプラント義歯とは

義歯とは、虫歯や歯槽膿漏によって失ってしまった歯を補うために装着する人工の歯の事です。

 

 

金具で歯を抱え込む留がねを使った義歯がスタンダードですが、アタッチメントを利用した入れ歯や、留がねの無いフレキサイト(弾力性のある)入れ歯、アタッチメントの一種ですが残っている歯根面に磁力を受ける面体を装着し、義歯に小型で磁力の強い磁石を入れて固定するマグネット入れ歯、人工歯根(インプラント)で入れ歯を固定する方法など様々な種類の入れ歯が開発されています。

 

 

総義歯や部分義歯など、様々な義歯が存在していますが、全て、顎の骨の中には何もなく、歯ぐきの上のみに存在しているという点が、共通しています。歯科x線は大事です。隣の歯に支えのパーツを付けたとしても、歯ぐきの上に乗せているだけの状態なので、義歯ではどうしても、噛む力に限界が生じてしまいます。

 

 

インプラントの場合は、歯ぐきの中の、天然の歯を支えている骨の中に、歯の根にあたるパーツを埋め込み結合させます。チタン製の歯根(フィクスチャー)を、顎の骨と直接結合させるため、見た目も機能も、ほぼ天然歯と変わりません。義歯との大きな違いは、天然の歯と同様の支え(歯根)があることです。人工歯根が骨と結合するため、しっかり噛むことが出来るようになります。

 

 

ノンクラスプデンチャーは金属のバネをつかわない部分床義歯です。歯の表面に金属のバネが無いので、審美性にすぐれています。義歯床の厚さもかなり薄くすることができますので、装着した時の違和感もあまり感じません。 また、無味・無臭で金属アレルギーの心配もありません。

 

 

義歯は抜けた歯のかわりになるものを、歯肉の上に乗せているだけで、骨には何も無い状態です。(歯科機器骨の内部に噛むことによる刺激が伝わらず、不要な部分と判断されて、骨細胞の再生産が行われず、骨徐々に痩せてゆき、次第に顎の骨の形が変形してしまいます。顎の変形の程度によっては、義歯を調整しても合わせるのが困難になるため、新しい義歯を作る必要が生じます。

 

 

インプラントの場合は、顎の骨の中に人工の歯の根を生めて、骨と結合させるため、噛む刺激が直接骨に伝わります。骨を常に刺激し、骨の再生産を促すため、顎の退化を防ぐことができます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp