登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 義歯治療について

義歯治療について

入れ歯がしっかりと働くためには、まず口の中にしっかりと収まらなければなりません。無くなった歯の本数が少なく、また歯や歯の根が残っている場合には、歯を削って冠状のかぶせたものを作ったり、歯根を土台とした歯科技工物が利用されます。


しかし無くなった歯の本数が多くなってくると、土台になる歯や歯根だけでは噛み合わせの力を支えきれなくなってきます。このような場合、歯の土台となる「床」製作し、その上に人工の歯を並べて入れ歯を作るという方法が取られます。この「床」がある入れ歯を「有床義歯」と呼びます。歯科スケーラーは必要です。

有床義歯にも、口の一部の歯を補う「局部床義歯」(または部分床義歯)、歯科機器全部の歯を補う「全部床義歯」(または総義歯)があります。歯が抜けたままの状態や、お口に合っていない入れ歯を使用していると、「食べ物の消化不良」「残った歯の虫歯や歯周病の原因」「発音しにくくなる」など、さまざまな悪影響が出ます。

 

 

健康な生活を送るためには、ご自身のお口にあった入れ歯を使用することがきわめて重要になります。金属床義歯は値段が高く修理も難しいので、、まず保険の入れ歯を使ってみて、それで納得がいかない、より良いものにしたいという場合に使用するのが良いと思います。

また、金属床義歯自体は強度が強いので割れたり変形したりすることはほとんどありませんが、それでもアゴの骨のほうが溶けて変形してしまうことは避けられないので、いずれ作り直さなくてはならなくなります。(金属床義歯は変形せず、半永久的に使えると勘違いしている人がたまにいるので念のため)

そのほか、保険の入れ歯ではよく噛めない、入れ歯が安定しない、痛みがあるという場合には金属床義歯は適当ではありません。このような場合には金属床義歯ではなく、シリコーン義歯やインプラント義歯のほうが良いでしょう。

 

 

義歯は抜けた歯のかわりになるものを、歯肉の上に乗せているだけで、骨には何も無い状態です。骨の内部に噛むことによる刺激が伝わらず、不要な部分と判断されて、骨細胞の再生産が行われず、骨が徐々に痩せてゆき、次第に顎の骨の形が変形してしまいます。顎の変形の程度によっては、義歯を調整しても合わせるのが困難になるため、新しい義歯を作る必要が生じます。

 

インプラントの場合は、顎の骨の中に人工の歯の根を生めて、骨と結合させるため、噛む刺激が直接骨に伝わります。骨を常に刺激し、骨の再生産を促すため、顎の退化を防ぐことができます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp