登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯列矯正についてのこと

歯列矯正についてのこと

現在、世界中で主流となっている矯正治療の基礎が出来上がったのは、今から約100年前の1900年代の始めごろです。歯科大学で補綴(入れ歯やかぶせ物を作る分野)の教員であったアングルというアメリカの歯科医師は、入れ歯を安定させるためにはどういう咬み合わせにしなければならないか、どういう歯並びにすれば入れ歯が上手く使えるかという研究をしていました。研究が発展し、今後はその歯並びを、歯がまだ残っている人にまで応用してみよう、ということで始められたのが現在の矯正治療の始まりです。 

 

 

歯列矯正についての専門調査ではないのですが、「口腔ケア」についての市場調査で「歯の健康」について聞かれている項目があり、そこで自分の歯について「あまり自信がない」、

 

 

「自信がない」、「まったく自信がない」と答えた人は合わせて55%にも上りました。その理由として最も多く上げられたのが「歯並びの悪さ」43%の人がそう答えたそうです。その他には「歯の隙間が目立つ」、「歯が抜けている」といった理由が上げられましたが、この事から、「自分の歯並びに関わる審美的なコンプレックス」を感じている人は潜在的に意外と多く、昨今、(歯科材料)歯並び矯正のために専門の矯正歯科を訪れ治療する人が増加してきたのも頷けるような気がするのです。

 

 

矯正治療の概要を把握しましょう。そもそも矯正治療は様々なやり方があり、症例や医師によっても方法は違います。しかし、実際にどのような治療方法があるのかをご覧下さい。

 

さて治療方法の種類を、ざっと把握したならば。治療の流れを知ることも、参考になるかと思います。実際にどのような治療が、その患者様にふさわしいかは、検査をして見なければ分かりません。その症例によって、治療期間や費用も大きく変わってきます。 

きちんとものを噛む、正しい発音で話す。

 

きれいな歯並びがもたらすものは、それだけではありません。歯並びが悪いと、歯磨きがきちんとできずに、虫歯や歯周病、口臭の原因となることもあります。歯並びを治して正しい歯磨きを続ければ、虫歯を予防して、自分の歯で一生を過ごすことだってできるかもしれません。

また、正しい噛みあわせを得ることは、肩こりや消化不良などの健康を害する要素を軽減することができたり、姿勢や全身状態を整えることにもつながります。歯科口腔内カメラでよく検査しましょう。 

 

 

大人の方の矯正歯科治療も基本的には10代の方のものと変わることはありません。一般的な症例の動的治療期間(装置をつけて実際に歯を動かしている期間)は2年前後となります。しかし、中には複雑な症例や親知らずを使用するような症例がありますので、その場合には抜歯部位や治療期間が変わってきます。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp