登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 唾液検査

唾液検査

唾液には、健康な人でもたくさんの微生物がいます。ですから、つばを指につけて乾かしてにおいをかぐとくさいです。 では、この唾液のにおいが、口臭になるのでしょうか?答えは、NOです。 口臭のにおいと唾液のにおいの性質は異なります。また、唾液を分泌する唾液線によって、唾液の種類も違います。ねばねばした唾液もあれば、さらさらとした唾液もあります。 その時の条件によって分泌する唾液は、違います。そして、唾液の性状によってもにおいがことなるので、唾液は、口臭の判断材料にはなりません。もちろん、唾液がない場合は、口臭がします。 

 

口腔内にある唾液の状態が、口臭に深く関わっていると言われています。分泌されたばかりのさらさらの唾液には、酸素が豊富に含まれていて、豊富に酸素が含まれた唾液は、口臭を予防するために、大きな役割を果たしているのだそうです。根管治療はよく役に立ちます。ですが、口腔内の唾液の分泌が、緊張や不安によって減ってしまうと、口腔内が乾いた状態になり、口臭が置きやすくなってしまうようです。

 

また、唾液は血液でできていますから、体の中の血液の状態がさらさらでなければ、唾液もさらさらになりにくく、やはり口臭が置きやすくなってしまうようです。口の中の口臭原因は、舌の奥の方に棲んでいるバクテリアが原因なのです。歯科レントゲンは大切です。通常、口の中のバクテリアには繁殖際して、酸素を好む好気性菌と酸素を嫌う、嫌気性菌がいます。この嫌気性菌が口の中に潜伏して、口臭が出ます。

 

また、唾液に分泌が減り、監視役がいなくなると、口の中のバクテリアの活動は活発になります。これが原因で、臭いの元であるメチルメルカプタンなどが作られ、口臭となって、発生します。バクテリアの働きを抑えるのに、一番効果的なのは、唾液を作ることです。しかし、簡単に作れない場合はガムなどが効果的だと思います。

 

年齢を重ねることで、体が弱くなり、代謝作用が衰え、唾液の分泌量は減ってしまいます。老化による口臭はこのことが原因です。老化で唾液が減ってる状態なのに、さらに、老化によって起きる、病気などによって、唾液が減り口臭が起きることもあります。 

 

また入れ歯をすることで、唾液は減少します。唾液の減少を抑えるのに口の中を潤したり、口の中を清潔に保つなどして、工夫しましょう。また、食生活を改善したり、規則正しい生活を送ったりすることを心がけ、歯を大切にすることなどが一番大事になってきます。  

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp