登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 唾液の状態

唾液の状態

ずっと黙って口を閉じていると、寝ている時と同じように、唾液の分泌が低下し雑菌が繁殖しやすくなり、どんどんニオイが増していきます。だからといって、「自分の口は臭いかも」と引っ込み思案になってしまっては、さらに黙っている時間が増え、結局、口臭が増すことにもなりかねないでしょう。 


また、「口が臭いから人と話ができない」とういう思いが強すぎても、それがストレスとなり、ますます唾液の分泌を低下させることにつながります。逆に言えば、適度なおしゃべりは、唾液の出をよくするという物理的な効果と、円滑で親密な人間関係を築き、ストレスを解消してリラックスできるという心理的効果の両面を持っているのです。歯科レントゲンは大切です。 


また、唾液の分泌が減ると、口の中のバクテリアの活動は活発になります。バクテリアの活動が活発になると、臭いの元であるメチルメルカプタンなどが作られ、口臭が発生します。バクテリアの働きを抑えるのに、一番効果的なのは、唾液を分泌することです。  バクテリアは、誰の口の中にも生息しているのですが、口の臭いが、臭い人と、臭くない人がいます。この原因は、口の中のバクテリアの数が原因だと言われています。診療ユニットは大人気です。

 

バクテリアの数は、口の中を清潔に保ち、唾液の分泌量が減らなければ、抑えることができます。バクテリアには、唾液が一番です。しっかりと、唾液が出るような、食生活や、生活習慣に、心がけましょう。また、バクテリアの中には、体の中を清潔に保とうと、がんばって働いている菌もいます。バクテリアを、無くそうとして、強力な歯磨き粉や洗口剤などを、使うと、口の中のバクテリアはなくなります。

 

唾液の状態とは、唾液の酸化還元状態を見ています。身体が酸化状態に傾いてしまうと、ガンを引き起こしたり健康状態が悪いというのは、一般的に認識されている常識?なんではないかと思いますが。

唾液は血液からできているので、唾液の酸化還元状態を測定することで、身体の酸化還元状態を反映してるといえます。この酸化還元状態を10年間患者さんで見たところ、病気であれば、一定の酸化状態、健康であれば還元状態をとっていたそうです。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp