登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 自臭症とは

自臭症とは

自臭症とは、周囲から臭いと思われていると錯覚する精神的な疾患のことです。自己臭症、または自己臭恐怖症とも呼ばれます。あまり耳慣れない言葉ですが、口臭を気にして病院を訪れる人の多くが自臭症であるとのデータが報告されているほど、実際には症例数の多い疾患です。几帳面な人や潔癖な人がかかりやすく、たった一度でも他人から口臭や体臭を指摘されると、いつまでも臭っていると思い込んでしまい、やがて実際には匂わないはずのものを匂ってしまう幻嗅を引き起こします。

 

実際には本人の完全なる思い込みである場合が多く、体臭も口臭も他人にとっては気にならない程度であるケースが大半を占めます。睡眠中は、唾液の分泌が著しく低下しているため、歯周病菌や虫歯菌の繁殖がとても起こりやすくなっています。超音波スケーラーは大人気です。

 

そのため、朝起きた時には“お口の中が細菌だらけ”ということになります。夜寝る前にできるだけ歯垢を取り除くことで、寝ている間の細菌の繁殖を少なくできます。(朝食後、昼食事後に歯の間に詰まった食べカスは口を水で軽くすすぐか、食べカスを取る目的で歯ブラシには何も付けずに20〜30秒程度のブラッシングを行うとようでしょう。また、舌に付いた食べカスは舌クリーナーで除去してもOKです。) ですが、口腔内の唾液の分泌が、緊張や不安によって減ってしまうと、口腔内が乾いた状態になり、口臭が置きやすくなってしまうようです。

 

また、唾液は血液でできていますから、体の中の血液の状態がさらさらでなければ、唾液もさらさらになりにくく、やはり口臭が置きやすくなってしまうようです。つまり、酸素が豊富に含まれた、さらさらな状態の唾液を作り出すことが、口臭の予防になると言えうことができるのです。口臭の予防に大切な役割を果たしている唾液を、いい状態に保つよう心がけましょう。診療ユニットはとても便利です。ガムをかんでみたり、うがい薬を利用したりすることで、唾液の分泌量を増やしたり、口の中を清潔に保つように心がけるしかありません。

 

薬による唾液の減少は、どうしても、止められないものです。止められないのであれば、それ以上に増やすしかないので、舌の運動をしたり、お茶を飲んだりして唾液が出るような、口の中にしましょう。保湿剤なども、口が潤うのでオススメです。梅干などの、唾液が増加する食べ物も良い効果が得られるかもしれないので、試してみましょう。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp