登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 自閉症児の歯科治療

自閉症児の歯科治療

自閉症は、現在では先天性の脳の機能障害と考えられています。全般的な知能の遅れがある精神発達遅滞と異なり、特殊な認知、知覚、言語の障害が基本にあると考えられ、それゆえに人との接触、物の認知などに問題が起こり、自閉と呼ばれる独特の行動様式がみられます。

 

言葉の遅れと歪み、社会性や対人関係の障害、常同的行動、変化に対する嫌悪などの特徴があります。原因は不明ですが、最近、自閉症の1型であるアスペルガー症候群で、ある遺伝子が関与するとの報告がなされました。(歯科材料予防接種の接種液に含まれる水銀添加物(防腐剤・チメロサール)と自閉症の関連が一時米国で問題になりましたが、接種液に含まれるチメロサールの量は極めて微量のうえ、因果関係も不明で、現在はチメロサールが自閉症の原因になるとは考えられていません。 

 

自閉症児・者の場合、過去の出来事を鮮明に記憶しており、しかもそれが今突然頭の中でビデオを再生したかのようにその場面が再生される『フラッシュバック』という現象を起こすことがあります。それが楽しかった記憶であればいいのですが、痛い思いをしたとか怖い思いをしたという悪い記憶であったら、それが原因で日常生活の中において突然泣き出したり不安に陥ったり、またパニックなどの二次障害を起こしてしまうことがあります。 

 

そのため初診時の対応はフラッシュバックに繋がるような悪い記憶を脳に残さないようにする意味においても、痛い思いや怖い思い、無理などをなるべくさせないように私たちが彼らに合わせて細心の注意を払う必要があります。超音波クリーナー は必要です。そしてこれは今後の歯科治療の可否を左右するうえで極めて重要になってきます。 

 

自閉症は、中枢神経系の微細な機能・器質的な障がいが原因となる、知覚・認知障がいによる発達障がいです。このような傾向をもつ症候群を、一般に自閉症と呼びます。知的能力と知覚の発達がアンバランスで、知能指数と関係なく生じる傾向にあります。

 

特徴としては、対人関係やコミュニケーションの面での困難が多いこと、かつ、興味・関心の対象が限られていることから、パターン化された行動をとるといったことがあげられます。自閉症の範囲には、高機能自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障がい(AD/HD)、学習障がい(LD)なども含まれます。

 

しかし、歯科医院だけでこれらのことを進めようとしても上手く行きません。家庭や学校で日常的に取り組まれていることが必要です。また、患者さんの情緒が安定している場合とそうでない場合は、診療室での対応が大きく変わってきます。私の患者さんでも、過去に何らかの歯科的トラウマを植え付けてしまったケースでは、対応が非常に難しいことがあります。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp