登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 中高年の7割が歯周病菌を持っています

中高年の7割が歯周病菌を持っています

20歳代までは、この歯周病菌をもっている人は少ないのですが、50歳代以降では7、8割の人が持っているといわれています。歯周病になると細菌がどんどん症状を悪化させ、歯が1本2本と抜けていくようになります。

 

この病気が恐ろしいのは、口の中だけの問題ではすまないということです。放置していると、歯周病菌が血管に入り込み、血流にのって全身の臓器に影響を与え、肺炎や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などさまざまな病気を引き起こす一因となるのです。予防の基本はデンタルプラークのコントロールです。口腔内カメラ出よく検査しましょう。そのためには、毎日のブラッシングが鉄則となります。軽度の歯周病なら、毎食後のブラッシングだけで改善します。

 

虫歯や歯周炎などの理由で歯を失った場合、そのままにしておくと、咀嚼や、発音に支障をきたします。また、健康な歯にも負担がかかって悪化していくこともあります。

 

物がおいしく食べられなかったり、美容上の不満が生じることがあり、精神状態にも悪影響を及びます。歯の修復処置は、そのようなことを防ぐためには欠かせないものです。 そこで当サイトでは『手遅れ=抜歯』にならないために、どのような症状が出ればこの病気の疑いがあるのか?また予防するためにはどうすればいいのか?どのような治療法、手術法があるのか?などを中心に、正しい歯磨きの仕方、方法、歯医者(歯科医院・専門医)の選び方、この病気と糖尿病、たばこ(喫煙)、口臭との関係などについて説明しています。

 

歯周病を治療して行く事はかなり大変なため何よりも予防する事が大切なのですが、知識を身に付けるだけでなく是非とも予防対策法を実行していただき、自分の大切な歯で生涯食事できるように当サイトの情報が参考になれば幸いです。 歯周病は歯周病菌が起こす歯の感染症だ。しかし、歯周病菌がいると、すべての人が歯周炎になるわけではない。歯周炎が起こるには、その人の免疫力や生活習慣などが複雑に絡んでいる。

 

歯周炎は歯を支える組織までがやられてしまう状態。根管治療はよく役に立ちます。「歯周病菌は長い期間をかけて病気を起こす。菌の増加とともに口臭がひどくなり、歯肉の腫れや出血などの症状が現れ、進行すると歯を支える骨も溶けて歯を失ってしまう」。

 

 

歯周病菌は、菌の細胞膜自体に毒素を持ち、歯周病菌が増えるとともに毒素の影響が出る。毒素は歯肉の炎症とともに、TNFアルファなどの生理活性物質を介して骨を溶かす作用もあり、弱いがやっかいな存在だ。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp