登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯髄炎

歯髄炎

歯髄炎とは、神経と血管が通っている歯の中心部の歯髄に起こる炎症で、痛みを伴います。歯髄炎の最も多い原因はむし歯で、次に多い原因が外傷です。炎症が軽い場合は、治まれば歯に恒久的なダメージを与えることはありませんが、重症の炎症では歯髄が壊死します。

 

歯髄炎は、歯に激痛を引き起こします。初診時に、歯髄の健康状態を推測するために歯に熱い刺激や冷たい刺激などを加えて、反応をチェックするテストが行われます。(歯科材料このとき、刺激を中断しても痛み続けたり、あるいは自然に痛みだす場合は、歯髄はすでに手遅れ状態になっているおそれがあります。 もし、患者さんと歯科医との信頼関係が十分にあれば、痛みを我慢し、いったん軟らかくなった組織を残して殺菌し、蓋をして二〜数ヵ月経過をみてから、もう一度開けてみるというような慎重な処置も可能です。 

 

歯髄がダメージを受けているとき、感染を防ぎ、刺激から守り、保護するのが歯内療法です。しかし生かすことが難しい場合は、除去するために歯髄を殺してしまうこともあります。生かすか殺すかの判断は、歯髄が受けているダメージの程度によります。実際に、歯髄を守るかどうかは、患者さんと歯科医との信頼関係に左右されます。ダメージを受けた歯髄を生かせば、後で痛みが出たり、自然に歯髄が死んでしまうなどトラブルの可能性が高くなるからです。

 

歯髄炎の症状は軽い場合は冷水がしみたり、食べ物が歯間にはさまると痛みますが、急性の歯髄炎の場合は激しい痛みで耐えがたいほどです。歯髄は硬い組織に囲まれているため歯腔の内圧が高まることで神経を圧迫することで激痛が走るわけです。歯髄炎の炎症がさらに進むと熱いものに敏感になり歯が浮いてきます。そしてそれ以上に症状が進行するとやがては歯髄が死ぬことで腐敗による口臭が発生します。歯髄は組織学的に疎線維性結合組織です。

 

等質で透明質な半流動性の基質と、主である膠原線維、膠原前線維、コルフの原線維と、歯髄細胞とその他(円形細胞、組織球、未分化間葉細胞など)からなり、象牙質に接する歯髄表層は、表層から深層に向かって象牙芽細胞、細胞稀薄層、細胞稠密層の3層から構成されます。 刺激は、象牙細管に侵入した神経線維と歯髄組織を介して、人の中枢に伝達されることで知覚します。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

歯に加わる色々な刺激を感知することよって痛みからむし歯などの疾患を気付かせたり、歯髄内に存在する免疫細胞が細菌に抵抗したり、侵襲に対して第二象牙質を形成するなど、歯髄組織は防御機能を講ずる役割も担っています。 

 

原因が治療されると、炎症は鎮まります。早期に発見できれば、歯髄炎が起きている歯に鎮静薬を含む物質(仮封材)を一時的に詰めて(暫間充てん)、痛みを鎮め

ることができます。この仮の詰めもの(暫間充てん材)は、6〜8週間歯に詰めたままにしておいてから取り出され、代わりに最終的な充てん材が詰められますが、即時に詰めることもよくあります。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp