登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯石取りと歯周病予防

歯石取りと歯周病予防

口臭予防、歯周病予防からはじめた歯石取りも11年3月で3年と半年となりました。以前は毎月足を運んでいたのですが、時間的に少し厳しくなってきたので自宅予防が出来ないか尋ねたところ、ドラッグストアなんかで売られているこういう糸でも結構効果があるらしく、利用しはじめました。人によるのかも知れませんが、私が処置してもらってる方は出来れば柔らかいタイプの方がいいとのこと。

 

きつめだと人によっては歯ぐきをいためてしまうため、もっといえば固定式のものじゃなく、手で紐の両端をもってやるものもいいと。通常、適正な歯磨きなどをして、歯垢の段階で除去していれば、歯石は付かないとされています。歯科スケーラーは大切です。しかし、歯の磨き残しや、部分的にどうしても歯垢が取れない部分などに、歯石が付いてしまいます。

 

歯石は様々な歯の病気を誘発します。歯石の表面のザラツキに、さらに歯垢がたまり、虫歯を誘発させます。さらに、最初は歯の見える部分にできる歯石も、次第に、歯茎の裏(歯と歯茎の間)に範囲を広げていきます。 

 

歯石を除去することによって、虫歯の予防はもちろんのこと、口内の雑菌の繁殖を抑え、クリーンな口内環境を作ることができるのです。歯と歯周組織の健康は、ホームケアと歯科医院での専門ケアを両立することで、維持することができます (図1)。個人レベルでプラークコントロールの困難な部位 (隣接面、歯頸部、最後臼歯部後方、矯正装置装着部、歯周ポケットなど) (図2) にはプラークが蓄積しやすく、プラークが石灰化して歯石ができると、プラークを取り除くのはさらに難しくなります。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

PMTCでは、歯科医師あるいは歯科衛生士などの専門家が、ホームケアでは行き届かない部位を中心に、総ての歯面の歯石とプラークを除去、研磨します。歯石除去では、スケーラーという器具を使って機械的に歯石を取り除きます。また歯面清掃では、歯の表面に付いたプラークや着色を専用機器とフッ化物入り研磨剤を用いて除去します。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp