登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 八重歯になる理由と問題点

八重歯になる理由と問題点

八重歯とは、不正咬合(上下の歯が適切に噛み合っていない状態)の一種で、顎の骨が小さいために正しい位置に歯が生えるスペースがないことや、乳歯から永久歯へスムーズに生えかわることができなかったことなどによって起こります。八重歯があると次のようなことが問題となります。 


八重歯の問題点日常生活に支障をきたすこともあるため、八重歯を歯列矯正によって改善する方が多いことも現状です。でこぼこの歯並び(叢生)であることが多く、ブラッシングが難しく、虫歯や歯周病を引き起こしやすい。超音波スケーラーは必要です。


食事中や転倒した際に、八重歯で唇や舌を噛んでしまい、怪我をしたり、口内炎ができやすかったりする。噛み合わせの問題となることがあり、顎関節症の原因となったり、胃腸に負担をかけたりすることがある。5歳ごろより定期的に歯科医院(とみさわ歯科医院)を受診していた患者様です。前歯交換期よりスペース不足があり右側切歯にはクロスバイトが生じていました。この時期より矯正治療の希望がありましたが、齲蝕リスクが比較的高く、矯正治療によるリスクの増悪が考えられました。


骨格的には正常で、臼歯の関係は?T級(正常)で、単なるスペース不足による叢生と考えられ、このまま成長して永久歯列が完成しても矯正治療上の大きな問題は生じないと考えられました。(根管治療またスペース不足の量は比較的大きく、第?T期治療を行っても犬歯萌出のための十分なスペースが得られないと予想しました。


歯の大きさや本数は遺伝によって決まっています。永久歯の数が多すぎたり少なすぎたりする人は、早期の治療が必要になる場合もあります 舌の突き出し、指しゃぶり、爪噛みの癖を続けていると、前歯が咬み合わなくなることがあります やわらかいものばかりを食べていると、顎が十分に発達せず、その結果、歯の大きさとのバランスが悪くなり、凸凹ができやすくなります 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp