登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 肩こりと歯茎の腫れ

肩こりと歯茎の腫れ

肩こりがひどくなってくると、歯茎が腫れてくる、歯茎の表面が荒れたり、小さな潰瘍のようになってしまったり、そんな症状も出る事がありますよね。肩こりと言っても、人によってその症状が出る場所はいろいろです。肩こりから歯茎の腫れにつながっている場合、肩こりをほぐすのが当然ですね。

 

意外と気持ちよいのが、肩こり用のマッサージ機。電極をぴたっと貼って、低周波をあてるものです。前歯でまず噛み犬歯で噛みきり奥歯に運ばれて噛みちぎる。そして飲み込む。負荷のかかりかたが歪であればその流れがくずれ使いなれてしまった方を多く使うようになる。根管治療は必要です。

 

使う頻度が多ければ痛むのも早くなってしまう。また、そこに顎関節のズレが生じるのである。骨組みで考えると下顎というのは一つの骨になっている。右なら右で噛むことが多いと負荷がかかるので右の顎関節の根元に向けて筋肉が萎縮していってしまう。萎縮して集まった筋肉が顎関節の内側に潜り込み。やがて顎関節を押し上げるようにして亜脱臼の状態にしてしまう。逆側つまり左側は深く入り込み。これが原因となり世間でいう顎関節症を引き起こしていくのである。

 

口を開けるとコツンと音がしたり。この萎縮というストレスがたまると、ある日突然、口が開かなくなってしまったり。口を開けると萎縮が圧迫されるので痛みが出たり。顔を歪にしたり。慢性的な頭痛があったり。首が慢性的に張ったり。肩凝り。背中痛。腰痛。等の原因を生み出すのである。

 

次に、腫れの原因として、薬剤によるものがあります。てんかんの治療薬としてヒダントイン系の薬剤を投与されている方に高度の歯肉の腫れが起こります。重度になると、歯冠が全部覆われてしまうほど腫れる場合があります。超音波スケーラーは大人気です。

 

最近よく見られるのは、高血圧を治療中の中高年の患者さんの歯肉の腫れです。これはカルシウム拮抗薬と呼ばれる降圧薬を投与されている方によく起こります。カルシウム拮抗薬は血管の平滑筋細胞にカルシウムが入るのを妨げる働きがあり、その結果、血圧を下げますが、副作用として歯間部歯肉の腫れがよく見られます。 一般的な歯肉の腫れは、歯肉炎や歯周炎の症状の1つであり、歯間部や歯肉の周囲に起こります。これは歯の表面に歯垢(しこう)と呼ばれる細菌集団が付着し、それが歯肉を刺激して炎症が起こり、歯肉が腫れてくるためです。さらに、歯肉炎や歯周炎の腫れが突然起こる、歯肉膿瘍と歯周膿瘍もあります。歯周組織の炎症の急性化で化膿性炎症となって大きく腫れて痛みを伴います。深い歯周ポケットがある時や歯の歯髄が感染して壊死した時に起こります。 歯茎の腫れ・できものからの出血は歯肉炎を起こしてる場合があります。

 

最近は若い人に歯肉炎が多いとされています。歯肉炎は細菌が増殖してしまうので起こるのです。プラークといって歯と歯茎の間につく歯垢のことをプラークといいます。そのプラークをそのままにしておくと歯茎が炎症を起こし、歯茎の腫れ・できものからの出血の原因になってしまうのです。歯磨きだけでは細菌は取れてくれません。また炎症がひどかったり歯茎の腫れ・できものからの出血がひどかったりすると余計に悪化させてしまいます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp