登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯茎からの出血について

歯茎からの出血について

歯石や歯垢がつきやすいため、細菌が多くなるの3つが大きな原因ですなので、喫煙者は歯の治療をしても治りにくいという面もあります詳しくは、「あなたのからだ」のページの「歯周病」に書いてありますかと言って、そのままにしておくのはよくありません歯科に行って、歯周病の治療をしてもらいましょうまた、歯みがきの方法(ブラッシング)も教えてもらうと一石二鳥です.

 

ちなみに、禁煙して歯の治療をしていくと「歯が長くなった」「歯の間にすき間ができた」と思われる人もいると思います歯磨きやデンタルフロスをした時に歯茎から血が出る場合は、磨き方に問題がある可能性もありますが、多くの場合で歯茎に炎症が起こっています。
その場合、(
歯科機器)血が出るからという理由で歯を磨くのをやめてしまうといつまでたっても炎症が治まらず、炎症がさらに進行してしまう恐れもありますので、多少の出血は気にせず歯磨きを続けることが必要です。

 

 

しかし、炎症の程度が酷い場合や、出血の原因が他にある場合は、歯磨きだけで改善させることは不可能ですので、歯科医院へ行って必要な治療を行う必要があります。

 

歯磨きも「している」のと「できている」のは違いますので、きちんとできているのかどうかを歯科衛生士さんに確認してもらうことも非常に大切です。歯周病というのは口腔内細菌(ジンジバリス菌やプレボテーラ菌)による歯周組織(歯の周りの組織)の化膿や炎症を総称した病名のことで歯肉炎も歯周炎もひっくるめて歯周病と言います

昔は歯周病のことを歯槽膿漏と呼んでいたそうですが歯槽骨が溶けて膿が歯茎から漏れている病状のことなので歯槽膿漏は正式には病名と云うよりも症状を現す言葉です超音波スケーラーは必要です。

歯茎の出血や膿の臭いが気になる状態であったとしても歯がぐらぐらしたり歯の根本に膿が溜まっていない状態であればまだ歯肉炎の段階で歯周炎まで進行していない可能性もあります

 

ただ、素人判断は禁物なので歯磨きの度に歯茎から出血が見られたり膿の臭いや口臭があるようだとすぐに歯医者さんで診察を受けできればレントゲンで歯茎の様子を診てもらった方が良いでしょう 。10代の 歯茎の出血 は、ほとんどの場合、歯磨き不足から起こる「歯肉炎」が原因です。

 

 

歯の表面の「白い歯垢」が出血の原因を作るため、病院での治療というより、家での毎日のブラッシングで出血は次第に収まってきます。歯磨き後に就寝前の飲食などを控えることも、歯垢の発生を予防するのに大切になります。20~30歳20代の歯茎の出血は、「歯肉炎」が進行した「歯周病」の影響が少しづつ見られるようになります。歯肉炎と同じように、まずは歯磨きをしっかり行いましょう。その後病院などで歯石の除去を行えば、より確実に 歯茎の出血 を予防することが出来ます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp