登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯茎の出血と臭い

歯茎の出血と臭い

ストレスや疲れによる発熱で体調が悪い時などに歯茎から出血したり膿んで口の中が臭いなど歯周病の症状に見舞われた経験のある人は少なくないと思います歯肉炎と歯周病は名前がよく似ているし同じ歯茎の病気なので呼び名が少し違うだけでどちらも同じ口内疾患だと思っていました

 

歯肉炎は歯茎の表面の主に歯肉部分が炎症を起こしている状態で菌が歯茎の奥に入り込んで歯を支える歯槽骨と呼ばれる骨を溶かし歯がぐらぐらして最終的に抜けてしまう状態を歯周炎と呼びます

 

歯周病というのは口腔内細菌(ジンジバリス菌やプレボテーラ菌)による歯周組織(歯の周りの組織)の化膿や炎症を総称した病名のことで歯肉炎も歯周炎もひっくるめて歯周病と言います 歯茎からの出血で、最も多いのが、歯周病菌が原因の、歯茎の炎症です。歯と歯茎の境目の溝の内部にある汚れや、歯石などを完全に除去(超音波スケーラー)できれば、炎症が収まり、出血しなくなります。

歯と歯の間の詰まり歯と歯の間に物が挟まりやすいのは、繊維質です。次から次へと挟まるために、歯茎を圧迫していきます。歯周病菌の温床となりやすいので、出血が起こりやすくなります。

 

 

Woodpecker® 超音波スケーラー UDS-P

 

Woodpecker® 超音波スケーラー UDS-P

 

不適切なブラッシング
ブラッシングの際、硬い歯ブラシを使用して、力任せに大きなストロークで擦ると歯茎に傷をつけてしまいます
。この場合の出血は僅かに血が滲む程度です。出血しない時もあります。

 

歯肉癌
きわめて稀にですが、「歯肉癌」が原因となってなかなか改善しない出血が続くことがあります。歯以外のすべての組織に影響を及ぼすため、進行すると歯が完全にぐらぐらになったり、唇や舌、顎などの感覚が無くなったりすることがあります。 

 

堅い果物などをかじったときに血が出るのは当たり前のことと思っている人も少なくないようですが、それはひとつにはそれだけ歯肉炎にかかっている人が多いということでもあります。事実、日本人の場合には、歯周組織の健康な人の割合が少ないと言われるくらいです。たとえば、リンゴをかじって血が出るのは、大なり小なり歯茎(ハグキ)が炎症を起こしているのです。

 

歯肉(シニク)が炎症を起こし始めると、歯垢(プラーク)や歯石はますます歯肉ポケットを押し広げ、健康なときは1ミリメートル程度だった歯肉ポケットの深さもドンドン深くなっていきます。歯肉炎を放置すると、その原因になった歯垢(プラーク)や歯石はさらに深く歯周ポケットに入り込み、病変はますます深く大きくなって歯周病へと進行していきます。 ちなみに、禁煙して歯の治療をしていくと「歯が長くなった」「歯の間にすき間ができた」と思われる人もいると思います.それは、喫煙によって歯茎が炎症をおこして、はれていたために歯が隠れていたり、隙間がないように見えていただけです本来のあなたの歯茎の状態に戻ったということですのでご安心をもし、そのことで不安があれば、歯科医に質問するといいと思います。禁煙すれば、口の中がヤニ臭いというのがなくなるだけでなく歯周病による口臭も改善します。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp