登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周ポケットの深さと歯周病の症状

歯周ポケットの深さと歯周病の症状

【9月7日 GlobalPost】米オハイオ州シンシナティの男性(24)が8月31日、歯の感染症で死亡した。同市の大学病院医師が語った。死亡した男性、カイル・ウィリスさんの遺族は、米NBCテレビの系列局WLWTテレビに対し、ウィリスさんは2週間前に親知らずが痛み始めたと語った。 

 

 

歯科医は、親知らずを抜歯する必要があると告げたが、ウィリスさんは当時無職で無保険だったため、抜歯をしなかった。歯周ポケットの深さは歯医者で『ポケット探針』と呼ばれている専用の器具を使えば測る事ができ、歯周ポケットの深さによって歯周病がどれほど進行しているのかの大きな目安になります(1本1本、歯周ポケットの深さは異なりますので、数ヶ所の歯の歯周ポケットの深さを測ります)。 

 

歯周病になると、歯肉が炎症をおこし、歯と歯肉の溝が深くなることで歯周ポケットが現れるようになるのですが、歯周ポケットは食べかすなどが溜まりやす、細菌にとって格好の繁殖場となります。その結果、歯を支える土台である歯槽骨を溶かし、やがて歯が抜け落てしまうのです。超音波クリーナー は大事です。細菌に感染しやすい体質の人もいますが、ほとんどの場合正しいデンタルケアをすれば歯周病を回避することができます。当サイトでは、歯周病の原因や症状、予防など歯周病に関する基本的な知識から、治療や薬、歯磨き方法など歯周病に関するあらゆる情報をお伝えしていきます。 

 

日本成人の80%が罹っていて、歯を失うもっとも大きな原因であるこの病気ですが、実際にどのような病気で、どのような症状が現れるのかをご存知している方は意外と少ないようで、また初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多くて、その結果、症状が酷くなって初めて歯医者に受診してもらう時にはすでに罹患しているというケースもたくさん存在します。口腔内カメラでよく検査しましょう。

そんなことから当サイトでは歯を失わないように、どのような症状が現れれば歯周病の疑いがあるのか?また歯槽膿漏を予防するためにはどうすればいいのか?どのような治療、手術を受けるとよりよい効果があるか?などにフォーカスし、正しい歯磨きの仕方から練り歯磨きの配合成分、歯医者の選択、歯周病と糖尿病、喫煙、口臭との関係までについて解説させていただきます。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp