登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 自然に歯並びが悪くなることはあるの

自然に歯並びが悪くなることはあるの

以前はきれいな歯並びだったのに、最近、歯が動いて歯並びが悪くなったような感じがする…。こんなことが気になる事はありませんか?歯の矯正をしていないのに歯が動いてしまうことがあるのか? 

 

子どもの頃に、歯並びが悪かったとしても、歯の矯正を行なえば、綺麗な歯並びになることはご存知だと思います。(歯科機器)矯正で歯を動かす場合は、歯に固定具を取り付けて、弱い力をかけて、少しづつ動かして歯並びを整えていきます。実は矯正を行なわなくとも、歯に力がかかる状態が続くと、自然に移動します。時間と共に歯並びは僅かに変化しているのです。虫歯や歯周病になりやすくなります

 

歯並びが悪いと、歯垢(バイ菌)がたまりやすくなり、歯磨きもしにくくなります。その結果、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、歯周病になった歯は、かみ合わせが悪いと(正常な方に比べて)大幅に歯周病の進行が早まります。ご老人で歯を抜いたことのない方をご覧下さい。殆どの方が綺麗な歯並びと、よいかみ合わせの持ち主です。抜歯(歯を抜く)必要性の有無も聞いておきましょう。また、他の歯の治療の必要性、簡単な検査などをしてもらいます。矯正の相談をしたその日に契約や支払いをする必要はありません。お家に帰ってから、家族とも相談しゆっくり考えてもいいのです。

 

他の歯医者さんの意見を聞いたりするためにも、一軒の歯医者さんだけでなく、他の歯医者さんにもいってみることをおすすめします。友人が以前矯正していた歯医者さんなどがあれば、少し遠くても診てもらいに行きましょう。歯の矯正をはじめる前に大抵、歯のクリーニングなどの準備をします。歯の表面だけでなく、歯石除去、虫歯があれば治してもらいます。

 

そして歯ブラシ指導を受けます。歯科衛生士さんや歯科助手さんに丁寧にブラッシングの指導を受けます。歯の矯正をすると、ブラケットやワイヤーなどの装置が邪魔して歯を磨きづらくなり、虫歯になりやすくなるからです。ここで、基本的な正しい歯の磨き方の練習をします。正しい歯の磨き方を習慣づけると、歯茎が引き締まります。そして、矯正をはじめる前に歯型をとったり、レントゲンを撮ったり、他の歯に問題があれば、治療をします。

 

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。治療に必要な矯正装置や治療法は、歯並びや年齢などによって異なります。1期治療は、永久歯が生えそろう6歳〜10歳くらいまでに行うことが良いといわれています。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp