登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯の主体的な組織

歯の主体的な組織

歯の構造ではじめに思いつくのは、白い部分の組織ですよね。あの白い組織はエナメル質といって、人の体の中で最も硬い組織です。だからこそ、多少の硬さの食べ物では傷一つ入りません。そして、歯は目で見ることのできる歯冠と目で見ることのできない歯根とで構成されています。歯冠には、一番外側にエナメル質、その内側に象牙質、さらに内側に歯髄があります。歯根には、一番外側にセメント質、その内側に象牙質、さらに内側に歯髄があります。

 

この中で象牙質という組織は、歯の主体的な組織であるといえます。歯髄は歯の感覚(歯科x線)を担ったり歯に栄養を与えたりする組織です。セメント質は、歯根を歯槽骨と結び付ける働きがあります。また、歯根の周りには歯周組織があります。歯周組織は歯を支える役割を持っており、歯がしっかり固定され食べ物をよく噛むことができるのは、この歯周組織があるからです。それでは、歯冠と歯根を構成しているそれぞれの組織について詳しく見ていきましょう。

 

エナメル質

歯の部分のうち、歯肉の上に生え出ている歯冠部の表面を被っている、人間の体の中で一番硬い組織です。この固さはほぼ水晶と同じ固さです。

 

象牙質

歯冠部と歯根部にわたり、歯の大部分を占める、エナメル質よりもやや柔らかい組織です。むし歯になったり、削ったりすると痛みを感じます。

 

セメント質

歯の部分のうち、歯肉の下にうまっている歯根部の表面を被っている、骨と同じくらいの硬さの組織です。セメント質は、比較的弱いので傷つきやすいのが特徴ですが、歯根表面の損傷に対して修復する機能を持ってます。

 

歯髄

歯の神経と呼ばれる赤くて細い糸のようなもので、神経のほかに血管やリンパ管などが通っています。

 

歯周靱帯(歯根膜)

歯根と顎の骨の間にあり、両者を結び付けるための線維を主としてできており、歯に加わる力を和らげる働きをしています。

 

歯槽骨

歯根部のまわりを被って歯を支えている骨で、歯槽膿漏(歯科材料)などにより破壊されると、歯がグラグラになったり、抜け落ちたりします。

 

歯肉(遊離歯肉・付着歯肉)

歯槽骨を被っている柔らかい組織で、一般には歯グキと呼んでいる部分です。

 

歯根膜の生理
歯は歯根膜を介して、歯槽骨に可動的に支持されている。また、歯に加わった力は歯根膜によって緩圧され、その力が直接顎の骨に伝わることを防いでいる。

 

歯肉の生理
歯肉の血管は他の消化管の粘膜とは異なり、粘膜下組織がなく、刺激に対して容易に血液の循環障害を起こす。そして、歯槽膿漏症では歯肉の血管数は減少しているので、たえず歯肉をマッサージすることは歯肉疾患に対する不可欠な予防法の一つである。

 

歯槽骨の生理
歯槽骨はセメント質および歯根膜とともに、歯を顎の骨に植立させている。かむ力が生理的範囲内であれば、歯槽骨や顎の骨の発育は保進されるが、過剰な力が加わると歯槽骨は吸収され、歯は動揺あるいは脱落する。歯が抜けてしまったり、歯槽骨に正常な刺激が加わらない時には、歯槽骨は吸収される。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp