登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 発達年齢と歯科治療

発達年齢と歯科治療

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外の虫歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

 

その治療の多くが、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という方もいます。ただし、保険制度の制約がありますので、同じ治療法でも、治療に使用する材料等の違いによって、保険診療ではなくなるケースもあります。奥歯の噛む面はでこぼこで溝が深い為、磨き残しが残りやすく虫歯になりやすい部位です。あらかじめその溝を特殊な樹脂で埋めておくことで、磨き残しが残りにくくなり虫歯予防になります。根管治療は必要です。

 

歯と顎は年齢によって順次発達をとげています。生後6ヶ月ごろに乳歯が生え始めます。生後2歳半くらいで乳歯20本はほぼ生えそろって、U字型のアーチを形成します。乳歯列期には上の前歯が下の前歯より少し前に出て、上の奥歯は下の奥歯より少し頬側に生えた状態で噛み合っています。

 

 

4歳から5歳頃には、顎が大きく発達して前歯には隙間を生じて歯がばらついた状態となり、永久歯が生えてくるスペースが確保されることになります。6歳頃になると乳歯の後ろ側に6歳臼歯すなわち第一大臼歯が生えてきます。歯科レントゲンは大人気です。歯の噛み合う刺激から顎はさらに発達し、次の永久歯の生えてくるスペースが確保される事となり、この時期を混合歯列期といいます。永久歯も乳歯同様に上の前歯は前に、犬歯は斜め前に、6歳臼歯は頬側にと上の歯は外側に向かい伸びてアーチ型を形成していきます。


また、発声のための器官として言語能力の発達にも極めて重要であり、歯や歯並びの異常が性格形成にまで影響を及ぼすこともあります。 この時期の小児の口腔の正常な発達を図るために、これを障害する異常や口腔疾患の予防や治療を行なうことが小児歯科医の大切な役割であると考えています。当小児歯科では、治療や予防、機能育成を通じて、歯と口の正常な機能の育成と、健全な永久歯列の獲得ができるよう努めています。 また、協カが充分に得られない小児に対しても、小児の歯科不安、歯科恐怖を予防・軽減するために、小児の行動学に基づく診療を実施しています。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp