登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口内炎の漢方

口内炎の漢方

ベーチェット病の症状の一つに、再発性航空内アフタ性潰瘍というものがあります。これ、簡単に言えば、口内炎のことです。口内炎は痛いですよね。舌べろや口内に、白いクレーターのようなものが出きて、強く痛みます。

 

場所によっては、つばを飲み込むのも辛い、という事があります。ますが、この最初の段階で、口内炎が出来ることが多い、というのも、ベーチェット病の特徴になると思います。免疫疾患、自己免疫不全などの方は、この口内炎が目安になる事が多いです。口の中、というのは、菌がたくさんいますし、雑菌も入りやすいです。ベーチェット病はシルクロード病と呼ばれシルクロードに沿った帯状の地域に偏って患者が多い病気です。 現在は明確な原因は判明しておらず、完全な治療法や病理検査もありません。口腔内カメラでよく検査します。

 

20歳代後半から40歳代にかけての男性に発病率が多く、本症での失明率の高く、特殊型ベーチェット病の死亡が少なからず確認されています。ベーチェット病の原因は解明されていませんが、HLA-B51という白血球の型が多いので遺伝的な要因が大きいと言われています。またHLAーB51以外にも、HLA-A26やMICAなどの遺伝子多型と疾患の関連があるとされてます。こうした遺伝的な要因に病原微生物など複数の要因が関係して自然免疫系の異常を引き起こし、発症すると考えられています。

 

西洋薬の治療は、直接口内炎の患部に薬を塗ったり、保護したりします。また、ビタミンBの服用などによって口の粘膜を強くします。口内炎は、膠原病の一種であるベーチェット病が原因となっているケースもあるので、歯科材料長期に治療しても治らなかったり、口内炎と共に、陰部の潰瘍や神経障害などの症状があるときには、早めに病院で検査を受けることをおすすめします。

 

予防には、ビタミンB2の摂取が効果的と言われています。ビタミンB2は「口内炎に効くビタミン」という訳ではなく、「肌や粘膜の健康を保つ」という効果が認められるビタミンです。ビタミンB群はそれぞれ助け合いながら作用するので、ビタミンB1、B2、B6などをバランスよく摂取するようにしましょう。超音波スケーラーは大人気です。

 

できてしまった口内炎で、あまりにも痛みがひどい場合や、炎症が広範囲に発生しているような場合、または長期間にわたって症状が出ている場合などは、きちんと

医師の診察を受けるようにしてください。口内炎は日頃の不摂生が原因で発症する場合がほとんどですが、病気が原因で発症している場合もあるからです。口内炎で診察を受ける場合は、口腔外科か耳鼻咽喉科に通うのが一般的です。口内炎の原因によっては歯科でも受診できますので、診察を受ける前に問い合わせてみましょう。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp