登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 人にとって最も大切な機能とは何でしょう

人にとって最も大切な機能とは何でしょう

それは、呼吸です。呼吸ができなければ生きてはいけません。正しい呼吸とは何でしょう?それは、鼻呼吸です。鼻呼吸は、現代社会において難しくなってきています。

 

なぜなら、食生活の変化、アレルギー性疾患の増加、外遊びの減少、パソコンやゲーム機の普及、デスクワークの増加による前傾姿勢など、日常生活において口呼吸を誘発し鼻閉を引き起こす環境が整いすぎているのです。歯科医療を提供する私たちが、口呼吸について解説するのに違和感を覚えるかもしれません。

 

しかし、口呼吸は歯科疾患と密接な関係を持っているのです。口呼吸がある方は虫歯がきやすく、歯の汚れや舌苔の付着が多くなります。さらに、歯周疾患(歯槽膿漏)が悪化しやすく、口臭が生じてしまいます。さらに、口の周囲の筋肉がゆるくなり、表情が乏しくなってきます。 

 

現代病のひとつであり、原因は、ストレスや疲れ、生活習慣、加齢、糖尿病、シェーグレン症候群(自己免疫疾患)、自律神経失調症、口呼吸などさまざまであり、唾液の分泌が低下してなります。超音波スケーラーは大切です。自分で簡単に改善する方法は、水分をとる、よくものを噛む、ガムを噛む、ストレスをためないようにする、という方法がありますが、症状がひどいようでしたらお医者さんで診てもらいましょう。こんなニュースが流れていましたが、私も口呼吸の弊害は多いと思います。

 

鼻は呼吸器ですから、呼吸は本来、鼻でするべきだと思います。口は消化器ですから、食事をするためのものであり、呼吸するためではありません。用途の違うものを使って、トラブルが起きるのはいたって当たり前のことです。口呼吸をしていると、お子様の場合は・・・顔の成長に影響してきます。長い顔になったり、口元が出てきたり、笑うと歯茎の見える顔になったりします。虫歯にも、歯肉炎にもなりやすいです。大人の場合は・・・口の中が乾燥するため、歯周病になりやすくなります。さらに、口元がどんどん出てきて、歯も前のほうに、動いてくることもあります。

 

口呼吸の原因には、以下のものが考えられます。 

1.鼻疾患(アレルギー、口蓋扁桃肥大、アデノイドなど) 

2.子供のころ指しゃぶり

3.舌癖(舌のくせ)、舌の位置異常 

4.口の周囲の筋肉の状態

 

したがって、口呼吸を改善していくには、その原因をよく調べ、(原因はひとつではなく、いくつか関係していることが多いです)対処していくことです。では、なぜ口呼吸が問題になるのでしょうか?口で呼吸しても鼻で呼吸しても同じじゃないの? と思う人もいるかもしれません。それでは鼻の役割を考えて下さい。

 

まず鼻には空気清浄器の役割があります。鼻毛や奥くにある繊毛(せんもう)は、埃や雑菌やウィルスや花粉などをシャットアウトします。(歯科機械)加湿器、加温器の役目をします。粘膜で雑菌、ウィルスを浄化し、また乾いた空気、冷たい空気が直接肺に入らないようにします。スクーバダイビングの経験者ならば分かると思いますが、ボンベの空気を口から吸っていると、とてもノドが乾きます。ノドがヒリヒリして来る事も有ると思います。口呼吸ではこのような状態が慢性的に起こっていると考えれば分かりやすいと思います。(水泳でも息継ぎの時、口で呼吸するので、ノドが乾きますよね。) 

 

以前ご紹介した論文によると正常な鼻呼吸の場合吸気時の口腔内陰圧状態における口唇圧および舌圧の強さはそれぞれ陰圧状態でない時の2.5〜3倍になるそうです。その後この歯列に対する口唇圧や舌圧は口呼吸の抑制と密接な関係にあり、さらに歯並びや噛み合わせにも重大な影響を及ぼすことがわかってまいりました。

 

口輪筋力が充分でない子供や高齢者、あるいは歯や顎の骨格構造が口呼吸型に確定してしまった成人は上述のような陰圧状態を実現することが難しくなります ので、適正な口唇圧が確保できません。このような場合口呼吸を改善するためには陰圧状態に代わる口唇圧付与機構が必要となります。(単に口を閉じるだけでは口唇圧や舌圧がかからないので、特に睡眠時の鼻呼吸がラクになりません。) 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp