登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯に関する痛みの非定型歯痛

歯に関する痛みの非定型歯痛

「歯医者さんに行って歯を治療したけれども歯痛がとれない」「歯を抜いたのに痛みが治まらない」しかし、歯医者さんでいくら歯科機器検査をしても歯痛の原因が見つからない・・・。このような原因不明の歯痛のことを、「非定型歯痛」あるいは「特発性歯痛」と言います。非定型歯痛の特徴は歯に関する痛み。通常片顎から始まるが、しばしば正中を超えて反対側の顎に拡大する。全顎に痛みを訴えることもよくある。痛みは持続性で拍動性。 様々な年齢で発症しますが、特に40代の女性に多く見られます。

 

非定型歯痛において注目すべき点として、原因不明の歯痛を訴える人たちのほとんどが、以前に根管治療を繰り返して受けてきているという事実があります。 そこで過去の治療の際に、歯から脳へ痛みを伝える神経のネットワークが何らかの原因から混乱してしまった結果、原因不明の歯痛が引き起こされるのだとする「神経因性説」が生まれ、現在では最有力となっています。 

 

患者の多くは、家族や社会環境とのストレスの既往がある。言いたがらないが慎重に問診すると個人の問題や、多くの責任を抱えていることを認める。痛みの悪化や改善は、心理的状態や社会環境に左右されていることが多い。 歯痛が続き、治療をしたのに、痛みが治らない、検査をしても分からない、これって本当に辛いですよね。 患者の平均年齢は43歳、82%が女性。疼痛は20年持続することもある。30%が片頭痛持ち、66%がうつと診断されている。ブラキシズムの既往を持つものは20名45%。治療しなかった場合、ほとんど全ての症例で疼痛は増悪する傾向にある。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp