登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 高圧蒸気滅菌機の豆知識

高圧蒸気滅菌機の豆知識

最近、新聞・テレビで院内感染の問題を耳にされることがあると思います。 医療現場には様々な患者さんがいらっしゃるわけですから、当然色んな種類の細菌やウイルスも浮遊している可能性があります。 そんな環境の中で使用される歯科機器は、常に無菌状態を保っておく必要があります。そのために器具に付着する全ての微生物を完全に除去、あるいは殺滅する必要があります。


それを行うことを滅菌と呼び、この作業は、物理的または科学的な方法で達成されます。主な滅菌手段としては、高圧蒸気滅菌、乾熟滅菌、低音滅菌(酸化エチレンガス滅菌、プラズマ滅菌)、 液状薬品を挙げることができます。これらの中で、高圧蒸気滅菌をオートクレーブ滅菌とも呼びます。


オートクレーブは、定められた温度と圧力の飽和水蒸気を作り、加熱することで滅菌する装置です。日本薬局方では、空気を極力排除し、飽和水蒸気で満たされているという前提で、 滅菌条件を摂氏115度で30分、121度で20分、126度で15分としています。オートクレーブはその扱い易さや比較的安価なことから、医療機関一般に広く普及しています。

 

オートクレーブ滅菌の対象物は以下の通りです 基本セット、歯内療法器具類、バー基本セット、各種ダイヤモンドバー、歯科スケーラー、キュレット、プローブ、寒天印象用シリンジ、各種トレー、シャーレ注射筒、各種金属製手用器具、排唾管、印象用トレー、ガラスシリンジ、コンタクトゲージ、Crリムーバー、各種外科用器具類、エアータービンハンドピース、電気エンジンハンドピース、ジンパックコード、ガーゼ、綿花、綿球、タオルなどあります。


滅菌する材料や器具のサイズにあわせて、装置自体も様々なものがありますが、 ユヤマでは診察室、病棟、あるいは製剤室等でご使用いただける比較的小型の装置を開発・製造しています。  


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp