登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯槽膿漏や歯肉炎を治す

歯槽膿漏や歯肉炎を治す

虫歯が少ないから、と安心していませんか?実は、歯を失う原因のNo.1は歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)なのです。しかし、正しい方法で歯を磨き、定期的に検診・クリーニングを受けることで、歯周病のリスクは最小限に抑えられます。 

 

歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石の中にいる細菌によって、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)が破壊される病気です。放っておくと歯はグラグラになり、最後には抜かなければならなくなります。

 

歯周病の特徴は、ほとんど自覚症状がないこと。30代ごろから静かに進行し、高齢期に入って歯がグラグラになってから、はじめて歯周病に気がつく、というケースも多く見られます。歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。むし歯と異なり、痛みが出ないことの方が多いのですが、気づかないうちに進行し、歯肉からの出血などが起こった後、歯が自然に抜け落ちるほど重症になることがあります。歯を失う80%以上の原因は、歯周病もしくはむし歯によるものです。  

 

歯周病には、とくに初期の段階では、自覚症状がほとんど出ないので、歯科医療機関での検査を受けないと、正確な診断を行うことはできません。歯周病の検査は、プローブという針状の器具を使って歯周ポケットの深さを調べるプロービング検査、エックス線写真によって歯を支える骨の状態を調べるレントゲン検査、歯周病の原因となる歯の周囲の汚れ(歯科機器)の付着状況を調べる検査などからなります。詰め物や被せ物は、ほとんどの場合、最初は噛み合わせが高く作られてきて、それをお口の中で、高さを合わせて入れます。

 

ところが、詰め物や被せ物をほんの少しでも、噛み合わせが高いまま入れてしまうと、その歯や噛み合わせ側の歯が刺激を受けて、ひどい歯周病に近い状態になる場合があります。 ひどい歯周病の直接的な原因は、細菌と言われています。それらの細菌が住みつきやすい口の中の環境が遺伝される可能性は十分考えられるのですが、現在の段階では直接的な関係があるという結論を出せるだけの研究成果は、まだ出ていません。 

 

治療期間は症状にあわせて異なりますが、数カ月以上の通院が必要な場合もあります。ご自身で痛みなど異変を感じにくい病気なので、治療期間が長く感じられることもあると思いますが、歯周病は歯の生命に大きく関わる病気。健康のためにも28本をできうる限り失わないとこが大切です。失ってからその大切さを知るのではなく、失わないようしっかりとケアしてあげましょう。

 

成人の多くが知らず知らずのうちにかかっている歯周病。早めの検査を、そして、治療後は再発・進行を防ぐためにも定期的にメンテナンスをうけられることが重要です。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp