登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 24歳の米男性は歯痛で死亡

24歳の米男性は歯痛で死亡

先日、わたしはこんな記事を読みました。米オハイオ州シンシナティの男性(24)が8月31日、歯の感染症で死亡した。同市の大学病院医師が語った。死亡した男性、カイルウィリスさんの遺族は、米NBCテレビの系列局WLWTテレビに対し、ウィリスさんは2週間前に親知らずが痛み始めたと語った。 歯科医は、親知らずを抜歯する必要があると告げたが、ウィリスさんは当時無職で無保険だったため、抜歯をしなかった。

 

その後ウィリスさんは頭痛と顔のはれに悩まされ、緊急治療室に搬送された。 おばのパティコリンズさんは、WLWTテレビの取材に「(医師らは)抗生物質と痛み止めを与えた。でも、ウィリスは抗生物質を買うお金がなかった。 そこで痛み止めだけもらった。でも彼に必要なのはそっちではなかったのよ歯科機器治療しておくべきだった」と語った。痛み止めは効果があったものの、感染は拡大し、最終的にウィリスさんの脳に達した。

 
「歯科医に行って歯痛を治療しておくべきだった。そうすればこんなことにならなかった。みんながその教訓を得たわ」と、コリンズさんは語った。 米カリフォルニア大学サンディエゴ校の歯科医、アービンシルバースタイン氏は、ABCテレビに対し、「歯の病気が深刻な症状をもたらすことを人びとは知らなさすぎる。 問題は目で見える部分だけではないんだ。多くの人が歯の疾病で命を落としている」と語った。

 

10年前、私の母は歯が痛いなのに、ずっと病院へ行きません。その後、奥歯が虫歯になり神経をとりましたが、やはり年に1~3度ほど不思議な痛みがおこり、歯茎がはれます。最後、4本抜いたそうです。下が大変で麻酔6本打ったあと、口腔内カメラを見て電気メスで歯茎切り、めくり上げてデカいドリルで歯の上下を切断、 根の部分をペンチでミシミシ、最後はタイヤレバーみたいなので上唇をテコの支点にして バキッ、糸で縫って終わりましたみんながもし歯が痛いなら、早めに病院行けよ。 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp